コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カザノーバ カザノーバ Casanova (de Seingalt), Giacomo

2件 の用語解説(カザノーバの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カザノーバ
カザノーバ
Casanova (de Seingalt), Giacomo

[生]1725.4.2. ベネチア
[没]1798.6.4. ボヘミアドゥックス
スペイン人の血をひくイタリア人。父は貴族の出,母は靴屋の娘。最初は聖職者を志し,ローマのアクービア枢機卿のもとに寄寓したが,放蕩のため放逐され,以後は流浪と漁色の旅に生きた。北はロシアから南はスペインと,ほとんどヨーロッパ全土に足跡を印し,経歴も軍人,バイオリニスト,まじない師,フランスの富くじ会社支配人,外交官,財務官,ベネチア共和国スパイなどきわめて多彩。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カザノーバ

イタリアの文人。音楽,外国語に長じ,古今の文学に通じていた(ホメロスの翻訳がある)。ヨーロッパ各地を巡り,投獄と脱走の冒険生活および恋愛遍歴で知られている。フランス語による《回想録》12巻は有名である。
→関連項目ポルノグラフィー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

カザノーバの関連キーワードベネチア・ビエンナーレベネチアガラス金獅子賞フリウリベネチアジュリアベネチア映画祭ベネチアングラスリド島ベネチアへ贈り物を捧げるユノーベネチア・ジュリアベネチアン・レース

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カザノーバの関連情報