コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カザレス カザレス Casarès, Maria

2件 の用語解説(カザレスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カザレス
カザレス
Casarès, Maria

[生]1922.11.21. スペインラコルニャ
[没]1996.11.22. フランス
スペイン生れのフランスの女優。 1943年 J.シングの『悲しみのディアドラ』で注目され,『正義の人』などカミュの作品に出演。 52年コメディー・フランセーズに加わり,マクベス夫人やフェードルなど,古典劇や現代劇で個性的な演技を見せる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

カザレス【Maria Casarès】

1922‐96
フランスの女優。スペインの共和派の閣僚の娘として生まれた。1936年に内戦をさけてパリに亡命し,国立演劇学校を首席で卒業後,マチュラン座に入り,カミュの《誤解》(1944),《戒厳令》(1948),《正義の人々》(1949)の初演で好評を博す一方,《天井桟敷の人々》(1945)や《オルフェ》(1949)などの映画にも出演して人気を集めた。50年代にはオデオン座国立民衆劇場で活躍し,とくにピランデロの《作者を探す六人の登場人物》の娘役やマクベス夫人を演じて絶讃された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のカザレスの言及

【国立民衆劇場】より

…ビラールは主宰していたアビニョンの野外劇フェスティバルの方式をこの大ホール(座席数約2700)にも適用し,額縁舞台の慣習を打ち破り,チップ制を廃止し,観客組織を強化するなどして,ことに50年代,失われた原初の演劇の感動を今日の大観衆に分けもたせることに成功した。なお,これにはG.フィリップやM.カザレスら名優たちの活躍も大いにあずかっている。シェークスピア,コルネイユ,モリエール,クライストなど古典の読み直しと,ブレヒト劇のフランスへの紹介の功が特筆される。…

※「カザレス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カザレスの関連キーワードアンドラ組曲「スペイン」12のスペイン舞曲スケッチ・オブ・スペインスペイン組曲スペイン交響曲スペインの歌スペインの時スペインの庭の夜スペイン舞曲集

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone