コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カシワバハグマ カシワバハグマ Pertya robusta

2件 の用語解説(カシワバハグマの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カシワバハグマ
カシワバハグマ
Pertya robusta

キク科多年草。本州,四国,九州の山地林内に生える。根茎は横にはい,茎は直立し高さ 30~50cm,硬く細くて分枝しない。葉は互生し約 10cmの葉柄がある。葉身は広卵形で先は鋭くとがり,基部は楔形,縁にまばらな欠刻状鋸歯があり,カシワ (柏) の葉に似ている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カシワバハグマ
かしわばはぐま / 柏葉羽熊
[学]Pertya robusta (Maxim.) Beauv.

キク科の多年草。茎は堅く、直立し高さ30~70センチメートル。葉は茎の中部にやや集まって互生し、卵状長楕円(ちょうだえん)形で、長さ10~20センチメートル。縁(へり)に欠刻(けっこく)状の鋸歯(きょし)がまばらにあり、カシワの葉に似る。9~11月、茎の上部に数個の頭花を穂状につける。総包葉は長さ17~27ミリメートル、内に10個ほどの小花がある。花床(かしょう)には小穴があり、小穴の縁に0.5~1ミリメートルの毛を密生する。痩果(そうか)は長さ10~11ミリメートル、無毛である。山地の乾いた木陰に生え、本州から九州にかけて分布する。なお、九州産のものは葉の幅が広く、頭花が有柄であるなどの点で異なり、変種ツクシカシワバハグマとよばれる。[小山博滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カシワバハグマの関連キーワードハンカイソウ沢小車森薊山薊東菊胡麻菜ノジギクミヤコワスレヤマボクチリュウノウギク

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone