コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カシワバハグマ カシワバハグマPertya robusta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カシワバハグマ
Pertya robusta

キク科多年草。本州,四国,九州の山地林内に生える。根茎は横にはい,茎は直立し高さ 30~50cm,硬く細くて分枝しない。葉は互生し約 10cmの葉柄がある。葉身は広卵形で先は鋭くとがり,基部は楔形,縁にまばらな欠刻状鋸歯があり,カシワ (柏) の葉に似ている。両面,縁とも有毛。夏から秋,茎頂に 10個内外の白色の頭花を穂状につける。総包は短い円柱形,総包片は紫色を帯び革質で先端は丸く,鱗状に重なる。花床には剛毛があり,痩果は長さ約 1cm,冠毛は純白で美しい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カシワバハグマ
かしわばはぐま / 柏葉羽熊
[学]Pertya robusta (Maxim.) Beauv.

キク科の多年草。茎は堅く、直立し高さ30~70センチメートル。葉は茎の中部にやや集まって互生し、卵状長楕円(ちょうだえん)形で、長さ10~20センチメートル。縁(へり)に欠刻(けっこく)状の鋸歯(きょし)がまばらにあり、カシワの葉に似る。9~11月、茎の上部に数個の頭花を穂状につける。総包葉は長さ17~27ミリメートル、内に10個ほどの小花がある。花床(かしょう)には小穴があり、小穴の縁に0.5~1ミリメートルの毛を密生する。痩果(そうか)は長さ10~11ミリメートル、無毛である。山地の乾いた木陰に生え、本州から九州にかけて分布する。なお、九州産のものは葉の幅が広く、頭花が有柄であるなどの点で異なり、変種ツクシカシワバハグマとよばれる。[小山博滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例