コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カジカエデ カジカエデ Acer diabolicum

2件 の用語解説(カジカエデの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カジカエデ
カジカエデ
Acer diabolicum

カエデ科の落葉高木。本州,四国,九州の山地に生える。幹は高さ 20mに達し,枝は灰褐色で皮目が目立つ。葉は対生して長い柄 (4~13cm) をもち,扁円心形で長さ7~15cm,幅8~16cm,掌状に5裂し,各裂片の縁には少数の不規則な鋸歯があり,先が急にとがる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カジカエデ
かじかえで / 梶楓
[学]Acer diabolicum Bl. ex K. Koch

カエデ科の落葉中高木。別名オニモミジ。葉は対生する。葉柄は4~11センチメートル、葉身は長さ7~15センチメートル、幅8~16センチメートルで掌状に5中裂し、縁に粗い鋸歯(きょし)がある。冬芽(とうが)の鱗片(りんぺん)は8~12対。雌雄異株。雄花は5~11個の花が散形状総状花序をなして下垂し、花弁、萼片(がくへん)は鐘状に癒着する。雄しべ8本。雌花は黄緑色で、3~9個の花が総状花序をなし上向きにつく。花期は4~5月。翼果は秋に熟し、堅い毛がある。宮城県以西の本州、四国、九州の温帯山地に分布する。中国からヒマラヤ地方に近縁種が5種ある。葉形がクワ科のカジノキに似るのでカジカエデ、また葉が粗大なのでオニモミジともいう。[緒方 健]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カジカエデの関連キーワード板屋楓砂糖楓唐楓羽団扇楓花の木山紅葉小峰楓一葉楓峰楓ハナノキ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone