コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カジカエデ Acer diabolicum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カジカエデ
Acer diabolicum

カエデ科の落葉高木。本州,四国,九州の山地に生える。幹は高さ 20mに達し,枝は灰褐色で皮目が目立つ。葉は対生して長い柄 (4~13cm) をもち,扁円心形で長さ7~15cm,幅8~16cm,掌状に5裂し,各裂片の縁には少数の不規則な鋸歯があり,先が急にとがる。花期は4~5月。花は淡緑色または紅色,雌雄異株で,古い枝に側生するように散房花序をつくる。および花弁鐘状に合生し,雄花には8本のおしべがある。雌花では,おしべが完全に退化し,毛を密生した子房が中央に位置する。2個の分果は長さ 3cmほどで,直立またはやや斜めに開出する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カジカエデ
かじかえで / 梶楓
[学]Acer diabolicum Bl. ex K. Koch

カエデ科の落葉中高木。別名オニモミジ。葉は対生する。葉柄は4~11センチメートル、葉身は長さ7~15センチメートル、幅8~16センチメートルで掌状に5中裂し、縁に粗い鋸歯(きょし)がある。冬芽(とうが)の鱗片(りんぺん)は8~12対。雌雄異株。雄花は5~11個の花が散形状総状花序をなして下垂し、花弁、萼片(がくへん)は鐘状に癒着する。雄しべ8本。雌花は黄緑色で、3~9個の花が総状花序をなし上向きにつく。花期は4~5月。翼果は秋に熟し、堅い毛がある。宮城県以西の本州、四国、九州の温帯山地に分布する。中国からヒマラヤ地方に近縁種が5種ある。葉形がクワ科のカジノキに似るのでカジカエデ、また葉が粗大なのでオニモミジともいう。[緒方 健]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カジカエデの関連キーワードサイカモアカエデカジノキ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android