コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カターニア カターニア Catania

4件 の用語解説(カターニアの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

カターニア(Catania)

イタリア南部、シチリア島シチリア自治州の都市。同島の東岸、エトナ山の麓に位置する。古代ギリシャローマ植民都市が置かれ、11世紀にノルマン人の支配下になった。エトナ山の噴火(紀元前2世紀、17世紀)、大地震(12世紀、17世紀)などにより大きな被害を受けた。古代ローマ時代の円形劇場円形闘技場、浴場などの遺跡があるほか、17世紀以降の復興により建てられたバロック様式の建物が多い。同島南東部の八つの町が2002年に「バル‐ディ‐ノートの後期バロック様式の町々」の名称で世界遺産文化遺産)に登録された。作曲家ビンチェンツォ=ベッリーニ、小説家・劇作家ジョバンニベルガの生地。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カターニア

イタリア南部,シチリア島東岸の都市。エトナ火山南麓のシチリアで最も豊かな農業地帯の中心地。経済的重要性はパレルモをしのぐ。大学(1434年創立)がある。起源はギリシア植民市で,エトナの噴火や地震でたびたび壊滅,現在の市街は18世紀以後のもの。
→関連項目イオニア海

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カターニア【Catania】

イタリア,シチリア州の同名県の県都。人口32万7163(1994)。シチリア島東岸にあり,同島ではパレルモに次ぐ第2の都市であるが,経済的重要性ではパレルモをしのぐ。ギリシアの植民市から発展したが,現在の市街は1669年のエトナ山の噴火,93年の地震による壊滅のあと,18世紀に再建されたもので,規則正しい町並みと,大聖堂をはじめとする多くの教会建築は,この時期に支配的だったバロック様式をとどめている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カターニア
かたーにあ
Catania

イタリア南部、シチリア自治州カターニア県の県都。人口30万6464(2001国勢調査速報値)。シチリア島東岸、エトナ火山の南麓(なんろく)、肥沃(ひよく)なカターニア平野の縁に位置する。人口は州都パレルモより少ないが、経済的重要度では島内随一の座を占める。エトナの斜面は柑橘(かんきつ)類、ブドウ、オリーブを産する一方、土地改良が施された平野部は穀物、家畜などを産し、市はそうした豊富で多様な農畜産物の集散地となっている。工業面では、食品、製薬、化学(肥料)、機械、エレクトロニクス、繊維部門での活動がみられるし、また観光業が躍進している。ただ、かつて盛んに行われていた硫黄(いおう)の製錬・輸出は、現在では衰退している。[堺 憲一]

歴史

市の起源は、紀元前8世紀前半のカルキス人による植民地建設までさかのぼる。古名はカタナCatana。カターニアの歴史を特徴づけるのは、大規模な地震(たとえば1169年、1693年)と、エトナの噴火(前121年、1669年)によってしばしば大きな被害を受けたことである。とりわけ17世紀後半の二つの災害のため、住民の3分の2と大部分の建物が失われたといわれる。ところが、その後の復興も目覚ましく、面目を新たに商業都市として再建された。ローマ時代の劇場、浴場、水道などの遺跡、中世の大聖堂(11世紀)やウルシノ城(13世紀)があるが、「歴史地区」の建築物は、17世紀の災害という事情を反映して、バロック風のものが多い。[堺 憲一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカターニアの言及

【アガタ】より

…3世紀のシチリア島カターニア出身の聖女。伝説によれば,その名はギリシア語の〈神の聖女〉〈天のしもべ〉などに由来する。…

【イタリア文学】より

…ベルガは初め統一直後の本土に渡って,フィレンツェやミラノの文学サロンに出入りし,前衛的な〈スカピリアトゥーラ派〉の文学運動に加わり,フランスの自然主義文学にも接した。しかしベルガが真に描くべき対象を発見したのは,故郷カターニアを中心とする荒涼たるシチリアの風土においてであり,そこにほとんどはだしで生きる貧しい民衆たちの姿であった。ベルガは野獣にも等しく原始本能のままに生きるシチリア人たちを描いた。…

※「カターニア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カターニアの関連キーワードシャッカチェファルーパレルモマルサラアレトゥーザの泉オルティジア島タオルミーナバゲリーアプレトリア広場モンレアーレ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カターニアの関連情報