コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カチン族 カチンぞくKachin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カチン族
カチンぞく
Kachin

自称チンポー (景頗) 族 Chingpo。北東ミャンマー,北東アッサム,中国雲南省デホンタイ族チンポー (景頗) 族自治州のタンルウィン川 (怒江) 流域に居住する民族。言語はチベット=ビルマ語族に属し,形質的には古モンゴロイドである。人口は中国領に約 10万,その他ミャンマーを中心に約 60万と推定される。焼畑耕作により陸稲,とうもろこし,粟,そばを栽培し,おもに山地に住む。周辺の渓谷に住むシャン族ビルマ人とは,経済的,文化的に共生関係をもつ。末子相続が行われ,かつ父系氏族組織をもち,各氏族は首長を有し,一定の領域を支配する。階層差のない民主的村落もあるが,貴族,平民,奴隷の階級がみられるところもある。宗教は精霊信仰が盛んである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カチンぞく【カチン族 Kachin】

おもにミャンマーの山地に住む少数民族のひとつ。自称はジンポーJinghpawまたはチンポーChingpaw。中国では景頗族とよばれる。おもな居住地域は,ミャンマーのカチン州とシャン州の北部で,中国の雲南省やインドのアッサム州にも住む。言語的にはチベット・ビルマ語族に属し,豊富な接頭辞の体系をもつ。語順はビルマ語同様,主語―目的語―動詞の順に並ぶ。カチン族の中には,ジンポー族のほか,マル,ラシ,アツィなどの種族が含まれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

カチン族の関連キーワードシナ=チベット語系諸族ミャンマーの少数民族シナ・チベット系諸族チンポー(景頗)族カチン族と内戦ビルマ民主同盟カチン独立組織ミッチーナープーターオーロングハウスパラウン族ミッチーナクンロンカチン語バモーカタ母神

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カチン族の関連情報