コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カッチーニ Caccini, Giulio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カッチーニ
Caccini, Giulio

[生]1550頃.ローマ
[没]1618.12.10. フィレンツェ
イタリアの作曲家,歌手。オペラ創始期のモノディ様式を確立したカメラータの一人。 1600年に作曲された彼のオペラ『エウリディーチェ』 Euridiceは,J.ペーリの同名の作品とともに現存する最古のオペラである。単声のマドリガルアリア集『新音楽』 Le Nuove Musiche (1602) を出版,モノディ様式の普及に貢献した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カッチーニ

イタリアの作曲家,歌手。ジューリオ・ロマーノとも呼ばれた。フィレンツェの〈カメラータ〉の一員で,オペラの誕生に貢献した音楽家の一人。1564年ころからフィレンツェのメディチ家に仕え,1580年ころからバルディ伯邸でカメラータの集まりを重ねた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カッチーニ【Giulio Caccini】

1545ころ‐1618
イタリアの作曲家兼歌手。フィレンツェのバルディ伯邸に集まり,史上初のオペラを模索,共作した新音楽運動の推進者の一人。とりわけ通奏低音つきの単声のアリアとマドリガルを収録した歌曲集《新音楽》(1602)は,17世紀初頭に起こった新しいモノディ様式の確立を代表する作品として音楽史に画期的な意義をもつ。流麗な旋律による歌曲《アマリリ麗し》は,今日なお広く愛唱されている。【正木 光江】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カッチーニ
かっちーに
Giulio Caccini
(1545ころ―1618)

オペラの誕生に貢献したイタリアの歌手、作曲家。ローマまたはチボリに生まれ、1564年ごろフィレンツェの宮廷歌手となる。79年と89年のメディチ家の婚礼には幕間(まくあい)劇の上演に参加する。古代ギリシアの音楽を模範として新しい音楽様式の可能性を研究するグループ「カメラータ」camerataの一員として、ギリシア音楽劇の再生を試みる。1600年、マリ・ド・メディシスとフランス王アンリ4世の婚礼のために初演されたオペラ『エウリディーチェ』では、盟友ペーリに対抗し曲の一部を書き改め、その後全曲を完成させ、ペーリより先に出版した。歌曲集『新音楽』(1601)は、モノディ(レチタティーボ)様式による初期バロック音楽の貴重な証左である。[樋口隆一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カッチーニの関連キーワードオペラ(舞台芸術)プロカッチーニ家レチタティーボメディチ[家]バロック音楽イタリア音楽ベル・カントクレスピ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カッチーニの関連情報