コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カトマイ国立公園 カトマイこくりつこうえんKatmai National Park

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カトマイ国立公園
カトマイこくりつこうえん
Katmai National Park

アメリカ,アラスカ州アラスカ半島基部に位置する。 1980年設定。面積1万 5012km2。あわせて国立公園と一体をなす保存地区 1511km2を設定。火山,湖水,森林,湿地など多彩な景観。アラスカヒグマが生息する。 1912年ノバルプタ火山が噴火し,火山灰には無数の噴気孔があるが,現在噴気を続けているものはわずかである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カトマイ‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【カトマイ国立公園】

Katmai National Park》米国アラスカ州南部、アラスカ半島の基部に位置する国立公園。1912年、公園の名称の由来となったカトマイ山の一部、ノバルプタ山が大噴火を起こした。火砕流で埋め尽くされた場所は現在も煙が立ち昇り、「一万本の煙の谷」と呼ばれる。世界最多のヒグマの生息数を誇り、多くの観光客が訪れる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android