コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カニクイアザラシ Lobodon carcinophagus; crabeater seal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カニクイアザラシ
Lobodon carcinophagus; crabeater seal

食肉目鰭脚亜目アザラシ科カニクイアザラシ属。体長は約 2.6m,体重は 200~300kgになると推定される。出生体長は約 1.1m,出生体重は 20~40kgである。体毛の色は灰色がかった黄土色あるいは茶ねずみ色で,濃色の不規則な斑や輪状の紋が散在する。老成すると毛色が淡色になる。出生仔は灰色がかった茶色で,生後2~3週間で換毛し成獣と同色となる。体型は紡錘形。頭部と鼻口部は細長く,口唇は直線的で,鼻孔は吻端にある。前肢は長くオール状で先がとがり鰭 (ひれ) に近い。上顎と下顎に門歯が各4本,犬歯が各2本,頬歯が各 10本ある。交尾は 10~12月に行われ,出産期は9~12月である。繁殖場をもたず,雌は雄の攻撃をさけるために,氷上で出産する。単独か 10頭程度の群れで行動する。ごくまれに数千頭の大群をなすことがある。摂餌活動は夜間に行い,噛み合う歯を用いてオキアミ類をこし取って捕食する。名前にカニクイとあるが,これまでにカニを食べていた例はない。南極大陸沿岸周辺に分布する。氷縁に沿って生息するため,季節的な氷縁の移動に分布域が左右され,分布域よりはるかに北側のニュージーランド,オーストラリアおよび南アメリカに迷入することがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カニクイアザラシ
かにくいあざらし / 蟹喰海豹
crabeater seal
[学]Lobodon carcinophagus

哺乳(ほにゅう)綱鰭脚(ききゃく)目アザラシ科の動物。体長2.2~2.4メートルの中形のアザラシ。灰褐色から銀白色までの変化に富んだ体色をしている。南極海のパックアイス(流氷群)域に広く分布する。「カニクイ」の和名をもつが、ヒゲクジラ同様にオキアミを食べる。このためヒゲクジラが減った分だけ生息数が増え、1500万頭にも達している。氷上の移動法は他種と異なり、体を左右にくねらせる。集群性があり、数頭から3000頭の群れをつくる。[内藤靖彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカニクイアザラシの言及

【アザラシ(海豹)】より

…ヒョウアザラシも雌雄ともに体長2.7m,体重500kgになる。カニクイアザラシ,ロスアザラシ,ウェッデルアザラシともに2mを超え大型である。小型の種は分布域の限定されたところに多く,もっとも小型の種は陸封されたバイカルワモンアザラシとカスピカイワモンアザラシで体長1.2~1.3m,体重50~60kgである。…

【ナンキョクアザラシ】より

…鰭脚(ききやく)目アザラシ科Lobodontini族の哺乳類で,南極海に分布するカニクイアザラシLobodon carcinophagusをはじめ,ウェッデルアザラシLeptonychotes weddelli,ヒョウアザラシHydrurga leptonyx,ロスアザラシOmmatophoca rossiの4種の総称。分類的には4種ともモンクアザラシに近い。…

※「カニクイアザラシ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カニクイアザラシの関連キーワード鰭脚類(ひれあしるい)ナンキョクアザラシ極地動物

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android