コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カニバリズム カニバリズム cannibalism

翻訳|cannibalism

6件 の用語解説(カニバリズムの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

カニバリズム(cannibalism)

人を食うこと。特に、呪術的信仰から、また宗教儀礼として人肉を食う慣習。人肉嗜食(ししょく)。カンニバリズム。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カニバリズム

ふつう社会的に認められた慣習として人肉を食うこと。西インド諸島スペイン人が遭遇したカリブ人Caribsの名称に由来する。食人風習と訳。古くはアウストラロピテクスシナントロプスに認められる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カニバリズム【cannibalism】

飢饉などの極限状態において,あるいは特殊な反社会的,病的な行為として,あるいはまた愛の極限において,人間が人間を食うことがあるということは広く知られている。しかし狭義には,カニバリズム(人肉嗜(し)食,食人習俗)という語は,食人が正常かつ合法的な行為として社会的に認められていたり,一定の状況または条件のもとで食人が義務もしくは権利として規定されたりしている場合,つまり,社会的に容認された慣習としての食人を指すのに用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

カニバリズム【cannibalism】

人肉を食べること。狭義には、その社会の中で宗教的儀礼として認められた食人の慣習をいう。人肉嗜食ししよく。食人。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カニバリズム
カニバリズム

食人習俗」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カニバリズム
かにばりずむ
cannibalism

人間が人間を食べる慣習。カニバリズムの語源はカリブ人Caribであるといわれる。ヨーロッパ人がアメリカ大陸に到達したころ、現在のカリブ海の諸島に住んでいたカリブ人が人食い人種として紹介されたためである。飢饉(ききん)や遭難などの危機的極限状況における食人行為や異常嗜好(しこう)としての食人ではなく、慣習としての食人はさまざまな社会について報告されている。また古くは原人段階で食人がなされたとする説もある。
 だれを食べるかによって、食人を内食人と外食人に分けることがある。前者は自己が属する集団の成員、たとえば親族や家族を食べる。後者は他集団の者、そのうちでもよくみられるのは敵を食べる食人である。食人の動機、目的としては飢餓のほか、なんらかの特別な力を獲得するためというのが多い。被害者がもつ力や資質を自分のものにするため、とくに脳や心臓を食べる。妖術(ようじゅつ)や邪術の力を得るために食人を行ったり、人間の肉を病気を治す薬として食べる例も多い。人肉は呪(じゅ)的な力をもっていると考えるからである。復讐(ふくしゅう)のために敵の肉を食べたり、のちに復讐を受けないようにするため、殺した人間の肉を食べることもある。また神に対して人身供犠を行い、その肉を食べる宗教儀礼としての食人もある。死者との結び付きを強調するための食人もあり、この場合死者と永遠に一つとなるよう死者の肉を食べる。キリスト教の聖体拝受を象徴的な食人と解することもある。
 カニバリズムについてのこれらの従来の解釈のほか、近年、注目される二つの説がある。一つはM・ハーナーやM・ハリスによって提出された説で、タンパク質の不足を補うために食人を行ったと考え、アステカにおける人身供犠と食人をはじめとする例を用いている。もう一つはカニバリズムの存在そのものを疑う説で、W・アレンズは、食人の記録はほとんどが伝聞や間接情報であり、食人を確実に証明する資料はないという。文化人類学者によるフィールドワークでは、現在も食人を行っている社会の報告はないので、食人が実際に存在したかを確かめることは今日ではむずかしい。ただし、1960年ごろニューギニア高地で流行したクールーという病気が食人によって感染するという医学的報告例がある。
 食人の慣習の存否は別にして、食人するとされるのは、自己社会から遠く離れた辺境地域、敵対する隣接集団、あるいは自己集団内の妖術師であることが多い。また食人はしばしば近親相姦(そうかん)とともに語られ、両者とも反社会的、反文化的行為の象徴である。この場合、そのような野蛮なことを行う人間を想定することによって、逆に自らの社会、文化とその境界を明確にしようとすると考えることができる。[板橋作美]
『W・アレンズ著、折島正司訳『人喰いの神話』(1982・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカニバリズムの言及

【カリブ】より

…カリブという語はすでに16世紀初頭の文献にも見られ(Caraiba),コロンブスの航海記にもCanibaの名で記されている。食人を表すカニバリズムcannibalismはこの語に由来している。しかしこれらはカリブ海地域に住む原住民という地理的な集団を語っているだけであり,言語集団としてのカリブのほかに島嶼アラワクを含んでいる。…

【共食い】より

…動物が自分と同種の動物を食べること。これには少なくとも二つの型がある。一つはなんらかの原因で死んだ仲間の死体を食うものであり,もう一つは積極的に殺して食べるものである。前者が動物食性の動物でかなり一般的にみられる現象であるのに対し,後者はこれを回避するような行動上のメカニズムを進化させている動物が多いこともあって,比較的まれである。積極的な共食いは,ほとんどの場合成体が同種の幼体(ふつうは自分の子ではない)を食べるものであり,コロニーをつくる海鳥類,魚類,昆虫,ライオン,チンパンジーなどで観察されている。…

【カリブ】より

…カリブという語はすでに16世紀初頭の文献にも見られ(Caraiba),コロンブスの航海記にもCanibaの名で記されている。食人を表すカニバリズムcannibalismはこの語に由来している。しかしこれらはカリブ海地域に住む原住民という地理的な集団を語っているだけであり,言語集団としてのカリブのほかに島嶼アラワクを含んでいる。…

※「カニバリズム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カニバリズムの関連キーワード極限状況退化限界SRR冷態ボルツマンの方程式(天文学)リュードベリ‐シュスターの法則ルンゲの法則(スペクトル系列)特殊型有限状態文法

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カニバリズムの関連情報