コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カネタタキ カネタタキ Ornebius kanetataki

3件 の用語解説(カネタタキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カネタタキ
カネタタキ
Ornebius kanetataki

直翅目カネタタキ科。コオロギの1種で,雄が鉦 (かね) をたたくような音を発して鳴くので,この名がある。体長 10mm内外の小型種で,扁平な体をしている。頭胸部は茶褐色,前翅は赤褐色,肢部は淡褐色,腹部は黒褐色であるが,全体に灰白色の鱗片でおおわれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カネタタキ

直翅(ちょくし)目カネタタキ科の昆虫の1種。体長10mm内外。灰褐色で,雄の翅は短く,黒褐色。雌には翅がない。関東以西の暖地に多く,庭木の茂みなどにすむ。成虫は8〜10月に現れ,チンチンチンとかれんな声で鳴く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カネタタキ
かねたたき / 鉦叩き
[学]Ornebius kanetataki

昆虫綱直翅(ちょくし)目カネタタキ科に属する昆虫。コオロギの一種で、秋の鳴く虫の一つ。体長10ミリメートル内外の小形で扁平(へんぺい)な虫。頭胸部は赤褐色、腹部は黒褐色であるが、全身を灰褐色の鱗片(りんぺん)が覆うので淡褐色にみえる。雄の前翅は茶褐色である。頭部は小さく、それに続く前胸背部は後方に広がる台形状。雄だけが短い前翅をもち、後翅を欠く。雌は無翅。肢(あし)は全体に短い。腹端には長い尾角をもち、雌では短い産卵管が突出する。成虫は8~11月にみられ、生け垣や小低木上にすむ。雄ははねをこすってチン、チン、チンと澄んだ音を出すが、この音が小さい鉦(かね)をたたいているように聞こえるのでカネタタキの名が出た。関東地方以西に分布し、中国大陸にも生息する。日本には、ほかにイソカネタタキO. bimaculatusほか数種の近似種がいる。[山崎柄根]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カネタタキの関連キーワードオカメコオロギ閻魔蟋蟀蟋蟀阿亀蟋蟀鉦叩き竈馬カネタタキ(鉦叩き)カンタン(邯鄲)コオロギ(蟋蟀)マダラスズ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カネタタキの関連情報