コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カネタタキ Ornebius kanetataki

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カネタタキ
Ornebius kanetataki

目カネタタキ科。コオロギの1種で,雄が鉦 (かね) をたたくような音を発して鳴くので,この名がある。体長 10mm内外の小型種で,扁平な体をしている。頭胸部は茶褐色,前翅は赤褐色,肢部は淡褐色,腹部は黒褐色であるが,全体に灰白色の鱗片でおおわれている。頭は小さく,これに続く前胸背は大きい。雄では前胸背の後方が広がる。雄は前翅が短く,後翅を欠き,雌はまったくの無翅。尾角は腹部からよく伸びている。雌の産卵管は槍状に突き出る。成虫は8月下旬から 11月にかけて,生垣や庭の小低木上などにすむ。本州 (関東以西) ,四国,九州,南西諸島に分布する。 (→直翅類 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カネタタキ

直翅(ちょくし)目カネタタキ科の昆虫の1種。体長10mm内外。灰褐色で,雄の翅は短く,黒褐色。雌には翅がない。関東以西の暖地に多く,庭木茂みなどにすむ。成虫は8〜10月に現れ,チンチンチンとかれんな声で鳴く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カネタタキ
かねたたき / 鉦叩き
[学]Ornebius kanetataki

昆虫綱直翅(ちょくし)目カネタタキ科に属する昆虫。コオロギの一種で、秋の鳴く虫の一つ。体長10ミリメートル内外の小形で扁平(へんぺい)な虫。頭胸部は赤褐色、腹部は黒褐色であるが、全身を灰褐色の鱗片(りんぺん)が覆うので淡褐色にみえる。雄の前翅は茶褐色である。頭部は小さく、それに続く前胸背部は後方に広がる台形状。雄だけが短い前翅をもち、後翅を欠く。雌は無翅。肢(あし)は全体に短い。腹端には長い尾角をもち、雌では短い産卵管が突出する。成虫は8~11月にみられ、生け垣や小低木上にすむ。雄ははねをこすってチン、チン、チンと澄んだ音を出すが、この音が小さい鉦(かね)をたたいているように聞こえるのでカネタタキの名が出た。関東地方以西に分布し、中国大陸にも生息する。日本には、ほかにイソカネタタキO. bimaculatusほか数種の近似種がいる。[山崎柄根]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カネタタキの関連キーワードカネタタキ(鉦叩き)メダカ鉦叩き鉦叩

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カネタタキの関連情報