コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カバフィス カバフィス Kavafis, Konstantinos

3件 の用語解説(カバフィスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カバフィス
カバフィス
Kavafis, Konstantinos

[生]1863.4.29. アレクサンドリア
[没]1933.4.29. アレクサンドリア
ギリシアの詩人。少年時代イギリスコンスタンチノープルで過したほかは生涯出身地を離れず,官吏として静かな生活をおくった。本国を離れていたため文学をめぐる言語論争の外にあり,K.パラマスをはじめとする新アテネ派の詩人たちの影響を受けず,高踏的な立場から詩作に専念した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

カバフィス【Konstantínos Kaváfis】

1863‐1933
現代ギリシア文学で最も重要な詩人。エジプトのアレクサンドリアに生まれ,没するまで一生独身で,灌漑局の小官吏ならびに年金生活者として地味に暮らしながら,ギリシアの文壇とも没交渉のまま,詩を書き続けた。その作品は,長いギリシア人の歴史のさまざまな側面を独特の哲学的なアイロニーペシミズムをもって描いたものと,同性愛者の官能の喜びを淡い筆致で書くものに大別される。生前は作品をすべてパンフレットの形で知人に配布し,それらをまとめた《詩集》が刊行されたのは1935年のことである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カバフィス
かばふぃす
Konstantinos Kavafis
(1863―1933)

ギリシアの詩人。エジプトのアレクサンドリア生まれ。生涯の大部分を同地で過ごした。したがって本国の文壇とも無縁で、言語論争にもとらわれず、独自の立場で詩作を行った。作品はヘレニズム、ビザンティン時代に題材を借り、ときに哲学的、ときに官能的であるが、いずれも懐疑的な調子で貫かれている。二つの『詩集』(1904、10)に主要作すべてを収める。[森安達也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカバフィスの言及

【ギリシア文学】より

…前者の代表としては《ゆるがぬ生活》(1904)という傑作があり,後者には《王の笛》(1910)のような作品がある。 19世紀ギリシアの詩人にとって国家はなかなか重要な問題であったが,アレクサンドリアに生まれて生涯のほとんどをこのエジプトの町で過ごしたK.カバフィス(1863‐1933)の場合には近代ギリシアという国はなんの意味も持たない。彼は3000年にわたるギリシア人の歴史を題材に,独特のアイロニーに満ちたスタイルで失われた栄光と運命の皮肉を語った。…

※「カバフィス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カバフィスの関連キーワードイタリア文学ギリシア文学コプト語ホメロスギリシャ文字エジプト綿エジプトはナイルの賜エドフシエネ古代ギリシア文字譜

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone