コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カボート(父) カボート[ちち]Caboto, Giovanni

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カボート(父)
カボート[ちち]
Caboto, Giovanni

[生]1450頃. ジェノバ?
[没]1499頃
イタリアの航海探検家。英語名 John Cabot。1461年頃ベネチアに移り,1476年同市民となる。商事会社に勤め,地中海東岸を航海し,メッカにまでいたった。クリストファー・コロンブスとは別個に西回りのアジア航路の存在を確信。おそらくその計画の後援者を求めて 1495年頃までにイングランドへ移住。コロンブスの成功に刺激されたイングランド王ヘンリー7世とブリストル港の商人たちの支持を獲得して,1496年息子のセバスティアノ・カボートとアジアを目指して同港を出帆したが失敗。翌 1497年5月,再び出帆,北行,さらに西行して 6月24日新大陸を発見した。正確な上陸地点は不明だが,アジアの北東岸だと誤信し,これをイングランド王に献じた。さらにノバスコシア中部からケープブリトン島ニューファンドランド(→ニューファンドランド・ラブラドル州)の北にいたる海岸を航海し,今日のカボット海峡の諸所に命名した。8月6日ブリストルに帰還。再びジパング(日本)へいたる計画を発表,1498年西へ出帆したが,詳細は不明。おそらくアメリカにいたったのちイギリスへ帰ったと思われる。一説によれば遭難したともいわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カボート(父)の関連キーワード大航海時代

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android