コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カポグロッシ カポグロッシ Capogrossi, Giuseppe

3件 の用語解説(カポグロッシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カポグロッシ
カポグロッシ
Capogrossi, Giuseppe

[生]1900. ローマ
[没]1972.10.9. ローマ
イタリアの抽象画家。 1927~32年パリに滞在。法律を学んだのち,30年に画家に転向した。 49年までに大小の象形文字を画面に散らしたような独自のスタイルを創造。 50年にローマでカリ,カバリらと「グルッポ・ロマーノ」を結成,52年には L.フォンタナを中心とする空間派の運動に参加した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カポグロッシ

イタリアの画家。ローマ生れ。初め法律を学んだが,1920年より絵を描き始め,1927年―1932年パリに滞在。1946年ころから次第に非具象に進み,鋤(すき)のような形の記号の繰返しによる絵画を制作した。
→関連項目カリグラフィー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カポグロッシ
かぽぐろっし
Giuseppe Capogrossi
(1900―1972)

イタリアの画家。ローマ生まれ。パリ留学(1928~33)ののち、マファイ、カーリらを糾合してローマ派を設立。第二次世界大戦後は抽象絵画に向かい、ブーリらとともに「グルッポ・オリジネ」に参加し、フォンタナ、クリッパらと第四次空間主義マニフェストに署名する(1953)。このころから晩年まで、『表面』と題する連作をはじめ、単純で基本的な形態や、日本の書を思わせる記号(シーニュ)で画面を埋めた多くの作品を制作し、イタリア前衛美術の旗手の一人とみなされた。[小川 煕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カポグロッシの関連キーワードリーマン幾何学ローマンミエローマローマナイズローマ教会ローマ風呂ローマンノーズローマの泉ローマの祭ローマの祭り

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone