コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラクム運河 カラクムうんがKarakumskii kanal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラクム運河
カラクムうんが
Karakumskii kanal

トルクメニスタン南部の運河。灌漑と航行に利用され,漁業も行なわれる。全長約 1400km。アムダリア中流部のボサガ村(ケルキ市の少し上流)に始まり,カラクム砂漠の周囲をまわるように横断し首都アシガバート西方にいたる幹線部分約 840kmは,1954年に建設が開始され,1967年に完成した。1970~80年代にカスピ海沿岸まで延長された。水は途中で分岐する水路を通じて灌漑用にほぼ取水される。重油などによる汚染を防ぐため,就航する船にはトロリー(架線)から集電するモータ船が使用される。この運河の開削により,トルクメニスタンの農牧地は飛躍的に面積を拡大することになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラクム運河
からくむうんが
Каракумский Канал Karakumskii Kanal

トルクメニスタン共和国にある灌漑(かんがい)用運河。アラル海に注ぐアムダリヤの水をアフガニスタンとの国境に近いムクリ付近で取り入れ、マリー、テジェン付近を経て、アシガバート西方に至る。延長約1400キロメートル。1954年に建設が始まり、1963年に一部開通、1988年に完成した。これによってカラクム砂漠南部における綿花栽培や牧草地化が進んだ。しかし、灌漑水をとられたアムダリヤは流量が減り、アラル海への流入が大きく減少して、アラル海の湖面の低下、湖面積の縮小がおこった。また運河周辺では地下水位の上昇により、塩害が発生している。[青木栄一・青木 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のカラクム運河の言及

【カラクム砂漠】より

…古くキャラバン・ルートがあったが,今日では南部に綿花や牧畜の農場があり,また,西部や北部に油田,ガス田がある。なお,1959‐79年,砂漠の南部に灌漑・水運用として,アム・ダリヤからアシガバートを経てバハルデンに至る全長1069kmのカラクム運河が建設され,現在も延長工事が続行されている。【小野 菊雄】。…

※「カラクム運河」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カラクム運河の関連情報