コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラマーゾフの兄弟 カラマーゾフのきょうだいBrat'ya Karamazovy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラマーゾフの兄弟
カラマーゾフのきょうだい
Brat'ya Karamazovy

ロシアの作家 F.ドストエフスキーの最大の長編小説。 1879~80年に執筆。ドストエフスキーが「生涯を通じて意識的にも無意識的にも苦しんできた」思想的,宗教的問題,人間の本質についてのあらゆる思索を芸術的に集大成し,これに推理小説的な父親殺しという事件をからませ,それを回転軸として壮大なカラマーゾフ的世界を展開してみせる,近代世界文学最高傑作の一つ。小説の外面的な筋は,カラマーゾフ家の父や,兄弟間の葛藤を描きながら,謎めいた父親の惨殺をめぐる心理的,思想的背景の追究にある。内面的な筋は,神が存在するかしないかの問題をめぐる次男イワンとゾシマ長老との思想的戦いで,この戦いにはイワンの分身の料理番スメルジャコフと,ゾシマの弟子の末弟アリョーシャも深く介在する。神の造った世界の矛盾を突くイワンの反逆の論理は驚くべき迫力をもつ。とりわけ彼がアリョーシャに語って聞かせる劇詩「大審問官」は,ドストエフスキー思想の精髄であるばかりか,現代における権力と民衆,独裁と自由の問題を解明する予言的な響きをもっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カラマーゾフのきょうだい〔‐のキヤウダイ〕【カラマーゾフの兄弟】

《原題、〈ロシア〉Brat'ya Karamazovïドストエフスキーの長編小説。1879~80年発表。カラマーゾフ家の父親殺し事件を中心に、三人兄弟と私生児をめぐって展開される葛藤(かっとう)を描き、宗教的思想を通して人間性を追求したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

カラマーゾフの兄弟【カラマーゾフのきょうだい】

ドストエフスキーの最後の長編小説。《Brat'ya Karamazovy》。1879年―1880年作。地主カラマーゾフ家の父フョードルとその4人の息子ドミートリー,イワン,アレクセイ,スメルジャコフらを登場人物とし,父親殺しを主題に,父と子,兄と弟の愛欲の葛藤(かっとう)を描き,神と人間存在の問題を追究した思想小説。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カラマーゾフのきょうだい【カラマーゾフの兄弟 Brat’ya Karamazovy】

ドストエフスキーの最後の長編小説。1880年刊。地主フョードル・カラマーゾフには,ドミートリー,イワン,アレクセイ,スメルジャコフの4人の息子がいる。ドミートリーは美女グルーシェンカを父フョードルと争っている。イワンは父を深く嫌悪している。子でありながら下男としてしか認められていないスメルジャコフは,イワンの意識下の願望を実現すべく父を撲殺する。その下手人としてドミートリーが捕らえられる。事の真相を知ったイワンは発狂の兆しを見せ,スメルジャコフはイワンに失望して自殺する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

カラマーゾフのきょうだい【カラマーゾフの兄弟】

ドストエフスキーの長編小説。1879~80年刊。父親殺しの事件と裁判の過程で、作者の終生のテーマである神の問題が様々に論議される。最後の作となった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラマーゾフの兄弟
からまーぞふのきょうだい
Братья Карамазовы Brat'ya Karamazov 

ロシアの作家ドストエフスキーの最後の長編小説。1879~80年『ロシア報知』に発表。生涯を通じて作者を悩ませた思想的、宗教的問題、人間の本質についての思索を集大成した世界的傑作。物欲と淫蕩(いんとう)の権化フョードルを父にもつカラマーゾフ家の3人兄弟(ロシア的な情熱に生きる長男ドミトリー、無神論者で知識人的な次男イワン、同胞愛の教えを説くゾシマ長老に傾倒する三男アリョーシャ)、父が白痴の乞食(こじき)女に生ませた下男のスメルジャコフが中心人物で、小説の外面的筋は、父親フョードルの殺害をめぐる心理的葛藤(かっとう)を軸に、推理小説を思わせる緊密な構成で展開される。父親殺しの嫌疑は、彼と美女グルーシェンカを張り合っていたドミトリーにかかるが、実はこれは、てんかんをアリバイに利用したスメルジャコフの犯行であり、しかもイワンの思想的感化と間接の教唆(きょうさ)によるものであった。しかし真犯人は自殺し、陪審員制の裁判はドミトリーを断罪する。
 小説の内面的テーマは、「神がなければすべてが許される」という哲学で、スメルジャコフにも影響を与えたイワンと、僧院のゾシマ長老との間に、アリョーシャのけがれない魂(ロシアの未来を象徴する)を奪い合う形で繰り広げられる思想的な格闘である。作者の共感は、自ら明言するように、ゾシマ長老の側に寄せられるが、いわれない幼児の苦痛を盾にとって、神のつくった世界の不合理をつき、この不合理がある限り、未来の「永久調和」をも認めない、とするイワンの反論は、はるかに迫力をもつ。とくに、中世紀に地上に再来したキリストがカトリックの教権によって拒否されることを語った、イワンの作にかかる劇詩『大審問官』は、ドストエフスキー文学の精髄であり、現代における権力と自由の問題を照明する予言的響きをもつ。被差別兄弟として登場するスメルジャコフに託されたロシア被圧迫民衆の怨念(おんねん)も、革命の問題に裏からの照明をあてずにはいない。作者はこの長編の続編を書き、僧院を出た13年後のアリョーシャの運命を描くはずであったが、それは果たさなかった。作者の残したわずかなヒントから、「現代のキリスト」に擬されたアリョーシャが、やがて「ロシア民衆の父」たる皇帝を暗殺し、十字架にかけられる構想が推測されている。1910年にモスクワ芸術座によって劇化されたほか、旧ソ連、アメリカで映画化もされている。[江川 卓]
『江川卓訳『世界文学全集19 カラマーゾフの兄弟』(1975・集英社) ▽米川正夫訳『カラマーゾフの兄弟』全4冊(岩波文庫) ▽A・L・ウオルィンスキイ著、川崎浹訳『カラマーゾフの王国』(1974・みすず書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カラマーゾフの兄弟の関連キーワードドストエフスキー(年譜)チーホン・ザドンスキーミハイル ウリヤーノフウィリアム シャトナーユーリー リュビーモフチャールズ デュランイワン プイリエフK. ラートハウスI. カミンスカマリア シェルリュビーモフウリヤーノフリー コッブルイ ジュベレオニードフ芳賀優里亜今村裕次郎内藤トモヤ米川 正夫八木柊一郎

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カラマーゾフの兄弟の関連情報