コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三人兄弟

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三人兄弟
さんにんきょうだい

昔話。兄弟の葛藤(かっとう)を主題にした昔話の一つ。父親が兄弟3人を修業に出す。それぞれ仕事を身につけて帰る。長男と次男は職人あるいは商人になるが、末子の三男は盗人の名人になり、兄弟中第一の稼ぎ頭になる。この盗人型のほか、三男が不思議な宝物を手に入れて帰り、その力で成功するという宝物型もある。
 アジア、ヨーロッパを中心に、世界的に分布する昔話で、外国には4人兄弟になっている例も多い。兄弟が技の競争をする型の話もある。日本には、化け物のいる山に木の実を取りに行く化け物退治型もあり、3人目に行った末弟が、化け物を退治し、兄たちも助けてくることになっている。本来は、相続者を定めるために、兄弟の力量を計ることを主題にした昔話であろう。
 日本には、成功者を跡取りにするという例も多く、その場合は、たいてい、家族制度を反映し、長男を成功者としているが、世界的には末弟の成功に特色があり、日本でもそれが原型であったろう。盗人型の類話は、グリム兄弟の昔話集などヨーロッパにもあり、盗みの趣向が文芸的に興味深い要素であったことをうかがわせている。[小島瓔

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

三人兄弟の関連キーワードカラマーゾフの兄弟沢井 忠夫古典落語三人息子化け物明治座兄弟話真ん中小島賢い

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三人兄弟の関連情報