コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリグラ Caligula

デジタル大辞泉の解説

カリグラ(Caligula)

[12~41]ローマ皇帝。在位37~41。本名、ガイウス=ユリウス=カエサル=ゲルマニクス(Gaius Julius Caesar Germanicus)。初め善政をしいたが後に独裁者となり暗殺された。カリギュラ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

カリグラ

ローマ皇帝(在位37年―41年)。本名Gaius Julius Caesar Germanicus。カリグラとは〈小さな兵隊靴〉の意のあだ名。登位直後の病により精神を侵されて暴君となり,ヘレニズム風の皇帝神格化の妄想にとりつかれ,国費を乱費し,元老院を無視したため,妻,娘とともに殺された。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カリグラ【Caligula】

12‐41
第3代ローマ皇帝。在位37‐41年。ゲルマニクスと大アグリッピナの子で,本名はガイウス・ユリウス・カエサル・ゲルマニクスGaius Julius Caesar Germanicus。カリグラとは〈小さな兵隊靴〉の意で,幼少期両親と共にライン地方滞在中軍隊がつけた愛称。両親や2人の兄がティベリウス帝の猜疑心の犠牲になった後,37年彼の後を継いで皇帝になったが,まもなく大病を患い精神を侵される。翌年熱愛した妹ドルシラの死後狂気はますます昂じ,元老院を無視して独裁化を強め,国庫の浪費,有力者の処刑や財産没収を繰り返し,また自己を神格化してその礼拝を強要した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カリグラ
かりぐら
Caligula
(12―41)

本名ガイウス・ユリウス・カエサル・ゲルマニクスGaius Julius Caesar Germanicus。カリグラはあだ名。ローマ皇帝(在位37~41)。ティベリウス帝の養子ゲルマニクスを父として生まれ、少年期を両親とともにライン河畔駐屯軍の陣営で過ごしたが、このころ愛用した幼児用軍靴(カリグラ)にちなんでカリグラというあだ名でよばれるようになった。彼の治世は、当初は名門の家風を重んじたので人望を集めたが、やがて重病に倒れ、回復後は精神錯乱の様相を帯びるようになった。猜疑(さいぎ)心から有力者の処刑、元老院の無視、現身(うつしみ)の神格化を要求して、専制君主政への傾斜を示した。とりわけ、皇帝礼拝の強要はエルサレムやアレクサンドリアにおけるユダヤ人騒乱の因となった。浪費と残虐がたび重なり、39~40年秋・冬のガリア・ライン河畔への進軍から帰還した後は、陰謀の危険にさいなまれながら、41年1月、妻と幼娘とともに宮廷内で暗殺された。[本村凌二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカリグラの言及

【アグリッピナ[大]】より

…31年にティベリウスがセイアヌスを粛清した後も追放を解かれず,33年食を断って死ぬ。彼女の9人の子どものうち,三男のガイウス(カリグラ)が,のちにティベリウスの後を継いだ。【島 創平】。…

※「カリグラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

カリグラの関連キーワードZIG メモリーシステム オペークカリグラフィーZIG メモリーシステム ジャーナル&タイトルZIG メモリーシステム マーカーイラストZIGカリグラフィーII ピグメントインクZIG メモリーシステム カリグラフィーZIGポスターマンカリグラフィーフィロン[アレクサンドリア]ユリウス=クラウディウス朝フィロン(ユダヤ人哲学者)ヘロデス・アグリッパス1世ユリウス・クラウディウス朝ヘロデ・アグリッパ[1世]ZIGカリグラフィーIIクラウディウス[1世]ブラッシュライティングクラウディウス(1世)ゲルマニクス・カエサルヘロデス・アンチパスクラウディウス1世アグリッピナ[小]

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android