コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリーニングラード Kaliningrad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カリーニングラード
Kaliningrad

1946年までケーニヒスベルク Königsberg。ロシア西端部,カリーニングラード州の州都バルト海に通じるウィスワ潟湖の北東部,カリーニングラード湾に面する港湾都市で,プレゴリャ川の河口に位置する。 1255年ドイツ騎士団により建設され,1340年ハンザ同盟加入後,商業都市として繁栄。 16世紀初頭プロシア公国の首都となり,1701年からプロシア王国領,のちドイツ領。 1945年4月ソ連軍が占領し,ドイツに対する戦後処理を決定したポツダム協定でソ連領となった。市街は第2次世界大戦により大きな被害を受けた。現在,機械 (鉄道車両,クレーン) ,造船,木材加工,製紙,食肉加工,水産加工,綿織物などの工業がある。港は冬季結氷することもあるが,船の出入が可能で,不凍港とされ,バルト海におけるロシアの主要な軍港であるとともに,商港,漁港としても重要。湾内の水深が浅いため,西のバルト砂嘴に位置する外港バルチースクまで水路が浚渫されている。カリーニングラード大学 (1967) ,水産大学,高等商船学校などがある。鉄道によりラトビアのリガ,リトアニアのカウナス,ポーランドのエルブロンクなどと結ばれ,コペンハーゲン,グダニスク,サンクトペテルブルグと定期船で連絡。人口 43万1491(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カリーニングラード

ロシア連邦西部,旧ドイツ領東プロイセンの商工業都市。ドイツ名ケーニヒスベルクで,カントの生地,ケーニヒスベルク大学があったところ。1945年ソ連に割譲され,1946年カリーニングラードと改称した。
→関連項目ソビエツク

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カリーニングラード【Kaliningrad】

ロシア連邦の同名州の州都で,飛地としてバルト海沿岸にあり,リトアニアとポーランドに接する。人口41万5100(1994)。旧名ケーニヒスベルクKönigsberg。バルト海南東部のビスリンスキー(ビスワ)湾に注ぐプレゴーリャ川の河口両岸にひろがり,全長42kmの海上運河によって外港のバルチースクBaltiisk(旧名ピラウ)と結ばれた不凍港でもあり,バルト艦隊の司令部が置かれている。おもな産業は造船,機械,車両,製紙,木材,食品(特に水産加工)であり,ソ連の大西洋漁業・捕鯨船団の基地にもなっていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

カリーニングラード【Kaliningrad】

ロシア連邦カリーニングラード州の州都。同州はポーランドとリトアニアに挟まれたバルト海沿岸の飛び地。古くはドイツ領で、1945年以来、旧ソ連およびロシアの統治下にある。旧称、ケーニヒスベルク。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カリーニングラード
かりーにんぐらーど
Калининград Kaliningrad

ロシア連邦西部、カリーニングラード州の州都。バルト海のビスラニー湾東部に注ぐプレゴリャ川の河口に位置する港湾都市。1946年まではケーニヒスベルクKnigsbergと称した。人口43万1902(2010)。第二次世界大戦で市の建物や設備の90%以上が破壊されたが、復興は迅速に進められた。現在、ロシアの交通、水産、工業の中心地として発展している。主要な工業は機械・金属加工業(鉄道車両製造、船舶修理、道路・建設用機械、クレーン、自動車部品、紙・木材加工工業用設備)、水産加工、木材加工、製紙工業である。港は一時凍結することもあるが、ロシアでは不凍港とされ、漁業基地、商港として重要である。イマヌエル・カント・バルト連邦大学、水産大学、郷土博物館などの教育施設があり、カントの墓のある14世紀建造の寺院、ドイツ騎士団の城が保存されている。市の近郊には、スベトロゴルスク、ゼレノグラツクなどの沿岸保養地が発展している。[中村泰三]

歴史

ドイツ人の東方植民以前、この地にはバルト民族プロイセン人の城塞(じょうさい)と集落があったが、1255年ドイツ騎士団がここにケーニヒスベルク城を築いたのが都市発展の始まりである。1280年に都市権を得たケーニヒスベルク市は、14世紀にはハンザ同盟にも加わって貿易で栄え、1544年には大学も設立されている。城は1459年以後騎士団長の、1525年以後はプロイセン公の居城であり、プロイセン公国がブランデンブルク選帝侯の領有に帰してからのちも、ケーニヒスベルクは国家第二の首都として重要な地位を占めた。プロイセン国王は代々ここで戴冠(たいかん)している。第二次世界大戦で旧市街は破壊され、ポツダム会議によりソ連領となった。1991年12月のソ連崩壊に伴い、ロシア連邦の一都市となる。[坂井榮八郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カリーニングラードの関連キーワードビクトル パブリャチェンコケーニヒスベルクの橋の問題ウラジミール トループコW.リヒャルト ハイマンカリーニングラード大聖堂ケーニヒスベルク大聖堂レオポルド イェスナーナタリア イーシェンコケーニヒスベルクの橋フリートレンデル門チェルニャホフスクワインガルトナーフリートレンダースベトロゴルスククルシュー砂州オルシュティンミンコフスキーグダニスク湾アマリーナウグダンスク湾

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カリーニングラードの関連情報