コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルデリ カルデリ Kardelj, Edvard

3件 の用語解説(カルデリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルデリ
カルデリ
Kardelj, Edvard

[生]1910.1.27. リュブリャナ
[没]1979.2.10. リュブリャナ
ユーゴスラビアの政治家。共産主義者同盟中央委員会幹部会員。スロベニア人。 1928年共産党に入党,29年師範学校卒業。労働運動に参加し,30~32年入獄。 38年党政治局員。 41年チトーのもとで対独抵抗運動の指導部に参加。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カルデリ

ユーゴスラビアの政治家。共産党員として非合法労働運動を指導して投獄され,のち亡命して第2次大戦中はチトーとともに抵抗運動を組織。戦後は副首相,外相,国連代表,連邦人民会議議長(1963年―1967年)を歴任。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルデリ
かるでり
Edvard Kardelj
(1910―1979)

ユーゴスラビアの政治家、理論家。リュブリャナに労働者の子として生まれる。中等学校卒業後、師範学校に入学を許可されたが、16歳で革命運動に身を投じ、非合法下のユーゴスラビア共産党に入党。第二次世界大戦前から理論家として頭角を現し、チトーの側近としてパルチザン解放戦争を闘う。戦後、ユーゴがコミンフォルムから追放されたもっとも困難な時期に外相を務め、自主管理、非同盟の社会主義建設に理論的、実践的に貢献した。国民から広範な支持を受け、体調を崩すまではチトーの後継者と目されていた。死去するまで、ユーゴスラビア社会主義連邦幹部会会員、同共産主義者同盟中央委員会幹部会員を務めた。[柴 宜弘]
『カルデリ著、山崎洋・那美子訳『自主管理社会主義と非同盟』(1978・大月書店) ▽カルデリ著、山崎洋訳『自主管理と民主主義』(1981・大月書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルデリの関連キーワードリュブリャナリュブリュキ三本橋ボードニク広場竜の橋リュブリャーナリュブリャーナ城リュブリャーナ大聖堂スロヴェニア放送交響楽団リュブリャナ・フェスティバル

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カルデリの関連情報