コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルデロン・デ・ラ・バルカ Pedro Calderón de la Barca

世界大百科事典 第2版の解説

カルデロン・デ・ラ・バルカ【Pedro Calderón de la Barca】

1600‐81
スペインの劇作家。ローペ・デ・ベガティルソ・デ・モリーナと共に〈黄金世紀〉を代表する三大劇作家の一人で,後年ドイツ・ロマン派から高い評価を受けた。名家の出身で,イエズス会の学校とサラマンカ大学神学を学んだ後,20歳ころから文学に転じたが,50歳のとき司祭の叙階を受けて,国王フェリペ4世の名誉司祭にもなった。国王に対する忠誠,カトリック教会に対する絶対的帰依,名誉あるいは体面感情の三つを基本的なテーマとして,120編におよぶ戯曲を書いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のカルデロン・デ・ラ・バルカの言及

【スペイン演劇】より

…このローペ・デ・ベガに従って名声を得た作家にギリェン・デ・カストロGuillén de Castro(1569‐1631),ベレス・デ・ゲバラ,ルイス・デ・アラルコン,ティルソ・デ・モリーナなどがいる。ローペ・デ・ベガを国民演劇の創始者,〈黄金世紀〉前半を代表する作家とすれば,この国民演劇を完成し,〈黄金世紀〉後半を代表する作家がカルデロン・デ・ラ・バルカである。彼はまた,聖餐神秘劇の第一人者でもあった。…

【スペイン文学】より

…なかでも《セビリャの色事師と石の招客》によって,漁色放蕩の伝説的人物ドン・フアンを演劇の中に定着させ,それ以降各国で生まれることになる無数のドン・フアン劇の創始者となったティルソ・デ・モリーナ,《疑わしき真実》により17世紀フランス古典劇に影響を与えたルイス・デ・アラルコンが重要である。そして〈黄金世紀〉の棹尾(とうび)を飾る巨人がカルデロン・デ・ラ・バルカで,バロック期特有の凝った文体や舞台構成を用いた哲学的な《人生は夢》と平民の名誉を描いた《サラメアの村長》はスペイン演劇の最高峰に位置するものである。
[小説]
 16世紀前半に隆盛をきわめたのは《アマディス・デ・ガウラ》を頂点とする,中世の騎士道を理想化した騎士道物語であるが,こうした理想主義的傾向への反動として現れたのが,〈悪者〉の遍歴を通して社会悪を風刺する〈悪者小説(ピカレスク)〉である。…

【バロック劇】より

…しかしそれは近代劇のような心理を備えた個性的な人物ではない。 17世紀のスペインには,カルデロン・デ・ラ・バルカの《人生は夢》(1635)や《大世界劇》に代表されるように,非常に多くのバロック的要素を含んだ演劇が生まれており,少し前の時代のローペ・デ・ベガも三統一の法則はほとんど守っていない。また,聖体祭に野外の山車(だし)の上で演じられたスペイン独特の宗教劇〈聖餐神秘劇〉(カルデロンはこの劇作の第一人者でもあった)もバロック的な劇形式と言ってよいだろう。…

※「カルデロン・デ・ラ・バルカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カルデロン・デ・ラ・バルカの関連キーワードベガ(Lope Félix de Vega Carpio)フィッツジェラルド(Edward FitzGerald)ガルシア(Victor Garcia)モレート・イ・カバーニャティルソ・デ・モリーナロハス・ソリーリャフェリペ(4世)ローペ・デ・ベガサラメアの村長スペイン文学スペイン演劇スペイン音楽バロック文学メタシアター世界の大演劇1月17日サルスエラデュラン人生は夢クルス

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android