コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルナータカ州 カルナータカKarnataka

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルナータカ〔州〕
カルナータカ
Karnataka

インド南西部,アラビア海にのぞむ州。 1973年 11月まではマイソール州と称した。州都はバンガロール。州域の大部分をデカン高原が占め,西部にはウェスタンガーツ山脈を経て,狭長なアラビア海沿岸平野が南北に延びる。海岸地方は降水量が多く,ウェスタンガーツ山脈の東側は乾燥地帯である。 12世紀には統一王朝が形成され,17世紀初めにマイソール藩王国が成立し,インド南部で最後のヒンドゥー王国となったが,1799年マイソール戦争に敗北し,イギリスの保護国となった。独立後,そのまま一州となり,1956年の州再編成でカンナダ語使用地域が統合し,現在の州境が定められた。デカン高原部では,古くからため池による灌漑が行われていたが,クリシュナラージャサーガルなどダムや用水路の建設も進められている。主作物は米と雑穀。商品作物としては綿花,サトウキビ,ナンキンマメ,茶,タバコ,コーヒーなどが栽培され,ウェスタンガーツ山脈から切出されるビャクダンは世界一の産出額を誇る。東部のコラール,ソーナー,クシェートラには同国の主要な金鉱があり,また良質の鉄鉱石を産出し,そのほかマンガン鉱,ボーキサイト,クロム,雲母も採掘される。近代工業はバンガロール,マンガロールに集中するが,各地で伝統的な絹織物生産や農林産物加工が行われる。面積 19万 1791km2。人口 4480万 6468 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カルナータカ州の関連キーワードチャームンディシュッワリ寺院インフォシステクノロジーズティプースルターン宮殿ラールバーグ植物園コラール(インド)アチュタラーヤ寺院フブリダールワールブリンダーバン庭園シュラバナベルゴラベンガルール宮殿ソームナートプルナンディーヒルズチトラドゥルガマイソール王国マイソール宮殿ケーシャバ寺院ビダーナサウダバーダーミ石窟ロータスマハルチクマガルール

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android