カルバミン酸アンモニウム(読み)カルバミンさんアンモニウム(英語表記)ammonium carbamate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルバミン酸アンモニウム
カルバミンさんアンモニウム
ammonium carbamate

化学式 H2NCO2NH4尿素肥料製造の中間体として存在する白色柱状の固体。 59℃で分解し,アンモニア二酸化炭素になる。種々のカルバミン酸塩の原料で,肥料にもなる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルバミン酸アンモニウム
かるばみんさんあんもにうむ
ammonium carbamate

カルバミン酸(カルバミド酸)のアンモニウム塩と考えられる化合物。アンモニアと二酸化炭素とを乾燥状態で直接反応させると得られる。アンモニアの冷エタノール(エチルアルコール)溶液に乾燥二酸化炭素を通ずるか、液体アンモニアに固形炭酸を加えることによっても生成する。
  2NH3+CO2―→H2NCO2NH4
白色の、正方晶系結晶性粉末。乾いた空気中では安定であるが、湿った空気中ではアンモニアを放出して炭酸水素アンモニウムに変わる。室温でいくぶん揮発性を示し、59℃でアンモニアと二酸化炭素に分解するが、冷却するとふたたび化合する。封管中120~140℃に熱すると水を失い尿素となる。尿素製造工程での中間体と考えられている。また、市販の炭酸アンモニウムはこの化合物と炭酸水素アンモニウムとの複塩であることが多い。[鳥居泰男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版の解説

カルバミン酸アンモニウム
カルバミンサンアンモニウム
ammonium carbamate

NH2COONH4(78.07).ドライアイスと液体アンモニアとの反応,またはアンモニアのアルコール溶液にCO2を通してつくる.無色の結晶.乾燥空気中では安定である.60 ℃ に加熱するとNH3とCO2とに分解する.封管中で約130 ℃ に加熱すると水を失って尿素になる.窒素肥料として用いられる.[CAS 1111-78-0]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

アウェイ育児

自身や配偶者の就職や転勤などに伴い、慣れない土地に移って子育てをすること。身近に相談できる親類縁者や友人が少なく、地域とのつながりも薄いケースが多い。また、夫の育児参加が少ないなどで孤立感を深めた母親...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android