コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルペンティエル カルペンティエル Carpentier, Alejo

4件 の用語解説(カルペンティエルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルペンティエル
カルペンティエル
Carpentier, Alejo

[生]1904.12.26. ハバナ
[没]1980.4.25. パリ
キューバの小説家。少年時代から文学と音楽に強い関心を示し,『キューバの音楽』 La música en Cuba (1946,メキシコで出版) の著者としても知られる。政治的理由でパリに亡命,シュルレアリスム運動に深く関係した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カルペンティエル

キューバの作家。独裁者ヘラルド・マチャードに抗してフランスに亡命。そこでシュルレアリスムの洗礼を受け,これを介してラテン・アメリカの〈驚異的現実〉を認識し,多くの傑作を発表した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カルペンティエル【Alejo Carpentier】

1904‐80
キューバの小説家。フランス人の父とロシア人の母との間に生まれ,ハバナの大学で建築および音楽を学ぶが,家庭の事情で中退しジャーナリストとなる。独裁政治反対の運動に加わったために逮捕され,やがてパリに逃れた。1928年から39年に至るフランス生活の中で,ブルトン,アラゴン,ペレ等々のシュルレアリストと接触して,彼らの求める〈驚異的なもの〉がラテン・アメリカでは文字どおり現実の中に遍在しているという認識に到達,これを〈驚異的なる現実〉と名づけると同時に,この理論に基づいて《エクエ・ヤンバ・オー》(1933)を皮切りに,長く実り豊かな創作活動を開始する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

カルペンティエル【Alejo Carpentier】

1904~1980) キューバの小説家。パリに亡命中シュールレアリストとの親交を通してアメリカ大陸の「驚異的現実」に目覚め、歴史の重層性と文化の錯綜を浮彫りにした。代表作に「失われた足跡」「光の世紀」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカルペンティエルの言及

【ラテン・アメリカ文学】より

… 植民地的な遺制からの脱却の可能性を示すことによって,ラテン・アメリカの人々,とりわけ知識人らの精神を高揚させたキューバ革命の成功と符節を合わせたかのように,60年代の初めから次々に傑作,秀作と呼ぶべきものが発表されだした。アルゼンチンのペロン政権下の暗い時代の中での不条理な愛の葛藤を描いたサバトErnesto Sábato(1911‐ )の《英雄たちと墓》(1961),廃虚に等しい工場を舞台にして生の無意味を追究したウルグアイのオネッティの《造船所》(1961),フランス大革命のカリブ地域に及ぼした影響をたどったキューバのカルペンティエルの《光の世紀》(1962),メキシコ革命で成り上がった男の臨終の床の意識をなぞったフエンテスの《アルテミオ・クルスの死》(1962),実験的なスタイルで根なし草的な生を浮かび上がらせたアルゼンチンのコルターサルの《石蹴り遊び》(1963),ペルーの社会的現実を全体小説のかたちでとらえたバルガス・リョサの《緑の家》(1966)。そして,架空の町マコンドの創建と滅亡に仮託して新世界の歴史を描いたコロンビアのガルシア・マルケスの《百年の孤独》(1967)。…

※「カルペンティエル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カルペンティエルの関連キーワードキューバ国立バレエ団ゴンクールカルペンティエール修理屋カリオストロの復讐キューバ・リブレキューバの恋人キューバの社会主義山田キクグラナドス:キューバ風/piano solo

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone