コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルペンティエル カルペンティエルCarpentier, Alejo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルペンティエル
Carpentier, Alejo

[生]1904.12.26. ハバナ
[没]1980.4.25. パリ
キューバの小説家。少年時代から文学と音楽に強い関心を示し,『キューバの音楽』 La música en Cuba (1946,メキシコで出版) の著者としても知られる。政治的理由でパリに亡命,シュルレアリスム運動に深く関係した。 1959年のキューバ革命まで亡命生活をおくる。『エクエ・ヤンバ・オ』 Ecué-Yamba-O (33) は黒人小説の源流的な作品。その後,ハイチ黒人革命を扱った『この世の王国』 El reino de este mundo (49) ,芸術の始源探求の物語『失われた足跡』 Los pasos perdidos (53) ,フランス革命時代のカリブ海を舞台とした『光の世紀』 El siglo de las luces (63) ,啓蒙的な専制君主主人公にした政治小説『方法再説』 Recurso del método (75) を発表,「魔術的レアリズモ」の代表者と認められた。ほかに,短編『追跡』 El acoso (56) ,『時との戦い』 Guerra del tiempo (58) ,『バロック協奏曲』 El concierto barroco (75) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

カルペンティエル

キューバの作家。独裁者ヘラルド・マチャードに抗してフランスに亡命。そこでシュルレアリスムの洗礼を受け,これを介してラテン・アメリカの〈驚異的現実〉を認識し,多くの傑作を発表した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カルペンティエル【Alejo Carpentier】

1904‐80
キューバの小説家。フランス人の父とロシア人の母との間に生まれ,ハバナの大学で建築および音楽を学ぶが,家庭の事情で中退しジャーナリストとなる。独裁政治反対の運動に加わったために逮捕され,やがてパリに逃れた。1928年から39年に至るフランス生活の中で,ブルトン,アラゴン,ペレ等々のシュルレアリストと接触して,彼らの求める〈驚異的なもの〉がラテン・アメリカでは文字どおり現実の中に遍在しているという認識に到達,これを〈驚異的なる現実〉と名づけると同時に,この理論に基づいて《エクエ・ヤンバ・オー》(1933)を皮切りに,長く実り豊かな創作活動を開始する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

カルペンティエル【Alejo Carpentier】

1904~1980) キューバの小説家。パリに亡命中シュールレアリストとの親交を通してアメリカ大陸の「驚異的現実」に目覚め、歴史の重層性と文化の錯綜を浮彫りにした。代表作に「失われた足跡」「光の世紀」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のカルペンティエルの言及

【ラテン・アメリカ文学】より

… 植民地的な遺制からの脱却の可能性を示すことによって,ラテン・アメリカの人々,とりわけ知識人らの精神を高揚させたキューバ革命の成功と符節を合わせたかのように,60年代の初めから次々に傑作,秀作と呼ぶべきものが発表されだした。アルゼンチンのペロン政権下の暗い時代の中での不条理な愛の葛藤を描いたサバトErnesto Sábato(1911‐ )の《英雄たちと墓》(1961),廃虚に等しい工場を舞台にして生の無意味を追究したウルグアイのオネッティの《造船所》(1961),フランス大革命のカリブ地域に及ぼした影響をたどったキューバのカルペンティエルの《光の世紀》(1962),メキシコ革命で成り上がった男の臨終の床の意識をなぞったフエンテスの《アルテミオ・クルスの死》(1962),実験的なスタイルで根なし草的な生を浮かび上がらせたアルゼンチンのコルターサルの《石蹴り遊び》(1963),ペルーの社会的現実を全体小説のかたちでとらえたバルガス・リョサの《緑の家》(1966)。そして,架空の町マコンドの創建と滅亡に仮託して新世界の歴史を描いたコロンビアのガルシア・マルケスの《百年の孤独》(1967)。…

※「カルペンティエル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カルペンティエルの関連キーワード日露戦争史(年表)日露戦争ロシア革命解析変成作用熱雲インターナショナルウェーバー(Max Weber)ソディソフィア東欧演劇

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone