コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルロバツ カルロバツ Karlovac

3件 の用語解説(カルロバツの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルロバツ
カルロバツ
Karlovac

クロアチア中部の都市。ザグレブの南西約 50kmに位置し,スロベニアとの国境に近く,サバ川の支流のクーパ川とコラナ川の合流点にある。道路,鉄道の要地で,木材,穀物,ワインなどを集散するほか,繊維,機械工業が発達し,発電所もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

カルロバツ【Karlovac】

クロアチア共和国北西部の都市。人口6万(1991)。コラナ川とクパ川の合流点にある経済・文化の一中心地。初めはオスマントルコの侵攻に備えて1579年に造られた要塞で,名はハプスブルク家カール大公にちなみ,カールシュタットKarlstadtとよばれた。やがて商人や職人が移住し,1777年自由都市としてクロアチア人に下賜され,19世紀の鉄道敷設でさらに発展した。タービン・繊維・皮革工場や多くの教育機関が,緑の多い町並みに点在する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルロバツ
かるろばつ
Karlovac

クロアチア共和国中西部の都市。クラナ川とクルパ川の合流地点に位置する。人口5万9395(2001)。ドイツ名をカールシュタットKarlstadtといい、1579年オーストリアの将軍カールにちなんで名づけられた。当時、この地はトルコとの激戦地であり、砦(とりで)があった。製革、化学、動力機械の工場やリキュール酒の醸造場があるほか、木材、穀物、ぶどう酒を産する。陸軍士官学校が置かれている。[漆原和子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルロバツの関連キーワードクロアチア語スロベニアオセチアセルボクロアチア語トルサットロビニコキラービルクロアチアン・シープドッグサハ[共和国]モルドビア[共和国]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone