コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルロビツ条約 カルロビツじょうやくKarlowitz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルロビツ条約
カルロビツじょうやく
Karlowitz

1699年,ベオグラード北西のカルロビツでオスマン帝国オーストリアベネチアポーランドの間に締結された講和条約。オスマン帝国はモレアとダルマチアの一部をベネチアに,カメネッツをポーランドに,ハンガリーの大部分とスロベニア,クロアチアの一部をオーストリアに割譲した。この条約によってヨーロッパにおけるオスマン勢力の後退が決定的となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

カルロビツ条約【カルロビツじょうやく】

17世紀末のオーストリア・トルコ戦争により,1699年オーストリア,ロシア,ポーランド,ベネチアとオスマン帝国の間で締結された平和条約。カルロビツKarlowitzは現在クロアチアの町スレムスキ・カルロフツィ。
→関連項目レオポルト[1世]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カルロビツじょうやく【カルロビツ条約】

17世紀末のオーストリア・トルコ戦争における神聖同盟(オーストリア,ロシア,ベネチア,ポーランド)とオスマン帝国との講和条約。1699年1月スラボニアのカルロビツKarlovitz(現,スレムスキ・カルロフチ)で締結された。戦争で大敗を喫したオスマン帝国はこの条約により,オーストリアにはハンガリー中央部,トランシルバニア,バチカ,スラボニアを,ポーランドにはドニエプル川右岸のウクライナ,ポドリアを,ベネチアにはモレア半島とダルマツィア沿岸地方を,ロシアにはアゾフを含むドン川河口地帯を割譲し,ヨーロッパにおけるオスマン帝国領の後退が始まった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のカルロビツ条約の言及

【露土戦争】より

…(1)18世紀前半まで ピョートル1世の改革によってロシア帝国は発展し,まずバルト海に進出し,南方においても,黒海への出口にあたるアゾフの領有をめぐって,黒海北岸の支配権を握るオスマン帝国と対立した。1699年カルロビツ条約で,ロシアは一時アゾフを獲得したが,北方戦争に敗れたスウェーデン王のオスマン帝国への亡命問題に端を発したプルート戦争(1710‐11)で,ロシア軍はオスマン帝国軍に包囲され,ピョートル1世は危うく捕虜となることをまぬがれるなど敗北を喫し,オスマン帝国はアゾフを奪回した。しかし,〈ポーランド継承戦争〉に関連してオーストリアと同盟したロシアは,再びオスマン帝国と戦端を開き(1736‐39),ベオグラード条約(1739)によってアゾフを最終的に領有し,トルコの黒海制海権を打破する糸口をつかんだ。…

※「カルロビツ条約」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カルロビツ条約の関連キーワードラーコーツィ・フェレンツの解放戦争レオポルト[1世]ムスタファ2世

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android