カルロビツ条約(読み)カルロビツじょうやく(英語表記)Karlowitz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルロビツ条約
カルロビツじょうやく
Karlowitz

1699年,ベオグラード北西のカルロビツでオスマン帝国オーストリアベネチアポーランドの間に締結された講和条約。オスマン帝国はモレアとダルマチアの一部をベネチアに,カメネッツをポーランドに,ハンガリーの大部分とスロベニア,クロアチアの一部をオーストリアに割譲した。この条約によってヨーロッパにおけるオスマン勢力の後退が決定的となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カルロビツ条約【カルロビツじょうやく】

17世紀末のオーストリア・トルコ戦争により,1699年オーストリア,ロシア,ポーランド,ベネチアとオスマン帝国の間で締結された平和条約。カルロビツKarlowitzは現在クロアチアの町スレムスキ・カルロフツィ。オスマン帝国は再三にわたる侵攻で獲得したハンガリーの大半とバルカン北部の領土を関係国に返還し,従来の攻撃的立場を放棄し,弱体化する契機となった。
→関連項目レオポルト[1世]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カルロビツじょうやく【カルロビツ条約】

17世紀末のオーストリア・トルコ戦争における神聖同盟(オーストリア,ロシア,ベネチア,ポーランド)とオスマン帝国との講和条約。1699年1月スラボニアのカルロビツKarlovitz(現,スレムスキ・カルロフチ)で締結された。戦争で大敗を喫したオスマン帝国はこの条約により,オーストリアにはハンガリー中央部,トランシルバニア,バチカ,スラボニアを,ポーランドにはドニエプル川右岸のウクライナ,ポドリアを,ベネチアにはモレア半島とダルマツィア沿岸地方を,ロシアにはアゾフを含むドン川河口地帯を割譲し,ヨーロッパにおけるオスマン帝国領の後退が始まった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のカルロビツ条約の言及

【露土戦争】より

…(1)18世紀前半まで ピョートル1世の改革によってロシア帝国は発展し,まずバルト海に進出し,南方においても,黒海への出口にあたるアゾフの領有をめぐって,黒海北岸の支配権を握るオスマン帝国と対立した。1699年カルロビツ条約で,ロシアは一時アゾフを獲得したが,北方戦争に敗れたスウェーデン王のオスマン帝国への亡命問題に端を発したプルート戦争(1710‐11)で,ロシア軍はオスマン帝国軍に包囲され,ピョートル1世は危うく捕虜となることをまぬがれるなど敗北を喫し,オスマン帝国はアゾフを奪回した。しかし,〈ポーランド継承戦争〉に関連してオーストリアと同盟したロシアは,再びオスマン帝国と戦端を開き(1736‐39),ベオグラード条約(1739)によってアゾフを最終的に領有し,トルコの黒海制海権を打破する糸口をつかんだ。…

※「カルロビツ条約」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android