コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カレハガ(枯葉蛾) カレハガGastropacha orientalis

1件 の用語解説(カレハガ(枯葉蛾)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カレハガ【カレハガ(枯葉蛾) Gastropacha orientalis】

鱗翅目カレハガ科の昆虫(イラスト)。成虫が枯葉のような色をしたかなり大型のガで,翅を屋根形にたたんで静止している姿も枯葉によく似ている。開張は雄4cm内外,雌7cm内外。幼虫は大型の毛虫で,刺毛をもち,老熟して樹幹などに付着して繭をつくるときはこの刺毛をつける。モモ,ウメ,サクラ,ナシ,リンゴなど多くの植物に寄生する。ほとんど日本全国と朝鮮半島シベリア南東部に分布し,成虫はよく灯火に飛来する。 カレハガ科Lasiocampidaeは,中型から大型のガで,ほとんど全世界に分布し,ことに熱帯に種が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone