コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マツカレハ マツカレハDendrolimus spectabilis

3件 の用語解説(マツカレハの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マツカレハ
マツカレハ
Dendrolimus spectabilis

鱗翅目カレハガ科。幼虫はマツケムシと呼ばれる。雌は大型で前翅開張幅 70~90mm,雄は 45~60mmで中型の部類に入る。雌の前翅は白褐色の地に暗色の波形紋が横に走り,後翅は無紋。雄は体色に変異が多く,赤褐色から黒褐色まであり,前翅の斑紋は単純。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

マツカレハ

鱗翅(りんし)目カレハガ科のガの一種。日本全土,朝鮮半島,中国,シベリアに分布。開張雄60mm,雌75mm内外。褐色,前翅中央に濃色帯があり,その外方は灰白色
→関連項目マツクイムシヤニサシガメ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マツカレハ
まつかれは / 松枯葉蛾
[学]Dendrolimus spectabilis

昆虫綱鱗翅(りんし)目カレハガ科に属するガ。はねの開張40~80ミリメートル。一般に雌は大形であるが、雄は50~60ミリメートルの個体が多い。触角は雌雄とも櫛歯(くしば)状であるが、雌の枝は短い。前翅の色彩は変異に富むが、雄では、鋸歯(きょし)状の白色外横線の外側が帯状に赤褐色のことが多く、雌では白色の横線のほかは薄黒いことが多い。日本全土のほか、隣接大陸にも分布する。成虫は夏に羽化し、よく灯火に飛来する。卵からかえった幼虫はマツケムシともよばれ、マツやカラマツの針葉を食べ、若齢で樹幹の割れ目などに潜んで越冬し、翌春ふたたび小枝に上って葉を食べ、初夏に繭をつくって蛹化(ようか)する。秋に樹幹に筵(むしろ)のバンドをしておくと、幼虫が越冬のためにその中に入るので、早春にこれを焼却することによって幼虫を効果的に駆除できる。幼虫の毒刺毛が皮膚に刺さると炎症をおこすが、この刺毛は繭にも付着しているので注意が必要である。温暖地の伊豆諸島、対馬(つしま)および奄美(あまみ)大島から沖縄本島にかけ、成虫が年2回発生する。この地域の成虫は小形で、前翅の斑紋(はんもん)が弱く別種のようにみえるが、本質的には本土のものと変わらない。[井上 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マツカレハの関連情報