マツカレハ(読み)まつかれは

日本大百科全書(ニッポニカ)「マツカレハ」の解説

マツカレハ
まつかれは / 松枯葉蛾
[学] Dendrolimus spectabilis

昆虫綱鱗(りんし)目カレハガ科に属する。はねの開張40~80ミリメートル。一般には大形であるが、雄は50~60ミリメートルの個体が多い。触角は雌雄とも櫛歯(くしば)状であるが、雌の枝は短い。前翅の色彩は変異に富むが、雄では、鋸歯(きょし)状の白色外横線の外側が帯状に赤褐色のことが多く、雌では白色の横線のほかは薄黒いことが多い。日本全土のほか、隣接大陸にも分布する。成虫は夏に羽化し、よく灯火に飛来する。卵からかえった幼虫マツケムシともよばれ、マツやカラマツの針葉を食べ、若齢で樹幹の割れ目などに潜んで越冬し、翌春ふたたび小枝に上って葉を食べ、初夏に繭をつくって蛹化(ようか)する。秋に樹幹に筵(むしろ)のバンドをしておくと、幼虫が越冬のためにその中に入るので、早春にこれを焼却することによって幼虫を効果的に駆除できる。幼虫の毒刺毛が皮膚に刺さると炎症をおこすが、この刺毛は繭にも付着しているので注意が必要である。温暖地の伊豆諸島、対馬(つしま)および奄美(あまみ)大島から沖縄本島にかけ、成虫が年2回発生する。この地域の成虫は小形で、前翅の斑紋(はんもん)が弱く別種のようにみえるが、本質的には本土のものと変わらない。

[井上 寛]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「マツカレハ」の解説

マツカレハ
Dendrolimus spectabilis

鱗翅目カレハガ科。幼虫はマツケムシと呼ばれる。雌は大型で前翅開張幅 70~90mm,雄は 45~60mmで中型の部類に入る。雌の前翅は白褐色の地に暗色の波形紋が横に走り,後翅は無紋。雄は体色に変異が多く,赤褐色から黒褐色まであり,前翅の斑紋は単純。成虫は6~7月に出現し,9~10月に2回目の個体が現れることもある。幼虫はアカマツクロマツの葉を食害し,全山のマツが枯死するほどの大害をもたらすこともある。老熟すると 70mmにも達し,淡い黄褐色で,背面に暗緑色の太い帯をもつ。全身に黒い刺毛があり,胸部には針状の毒毛を密生する。この幼虫は秋になると根ぎわの落ち葉にもぐって越冬する。公園などのマツのわら巻きは,この習性を利用して防除するために行われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「マツカレハ」の解説

マツカレハ

鱗翅(りんし)目カレハガ科のガの一種。日本全土,朝鮮半島,中国,シベリアに分布。開張雄60mm,雌75mm内外。褐色,前翅中央に濃色帯があり,その外方は灰白色。一般に雄は褐色が強く,雌は灰白色が強い。幼虫はマツケムシと称され,アカマツ,クロマツなどの葉を食う害虫で,毒針毛がある。若齢幼虫で樹皮下,落葉下などで越冬し,成虫は夏に現れる。マツ類の樹勢を弱らせマツクイムシなど他の害虫を誘うことが多い。防除には殺虫剤の散布のほか,秋に樹幹にむしろを巻き越冬幼虫を誘いこみ焼殺する方法が用いられる。
→関連項目マツクイムシヤニサシガメ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android