コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カレント かれんと

デジタル大辞泉の解説

カレント(current)

動向。趨勢(すうせい)。流れ。「メーンカレント(=主流)」
川の流れ。潮の流れ。「リップカレント(=離岸流)」
電流
カレントディレクトリー」「カレントドライブ」の略。
他の外来語に付いて、現在の、現代の、現今の、の意を表す。「カレントイングリッシュ(=時事英語)」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ダイビング用語集の解説

カレント

海流から、干満により生じる流れまで潮流一般を総称してこう呼んでいる。中でもダイバーがぜひ知っておきたいのがロングショアカレント(沿岸流)。海岸線に近づいていく波が作る海岸線と平行な流れで、岸に近い場所で潜る際には影響を受けるもの。

出典 ダイビング情報ポータルサイト『ダイブネット』ダイビング用語集について 情報

サーフィン用語集の解説

かれんと 【カレント Current】

海岸付近の水の流れは多様である。波がブレイクすると、水が打ち寄せるエネルギーが逃げる所がある。たいがいは他より深くなっている場所で、沖に向かって流れている。その流れの事をCurrentという。またその場所の事をChannelという。CurrentとChannelはほとんど同意語として使われている。

出典 (株)デジサーフ、(株)セキノレーシングスポーツサーフィン用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

カレント【current】

他の外来語の上に付いて、現在の、流行の、通例の、などの意を表す。 「 --コスト(=時価)」 「 --エクスペンス(=経常経費)」
コンピューターで、その時点で参照されているファイル装置。カレント-ディレクトリー・カレント-ドライブなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

カレントの関連キーワードストレンジネス、チャーム量子数、ボトム量子数の保存ゴールドベルガー‐トレイマンの関係式working directoryワインバーグ=サラムの理論ワインバーグサラム理論米テレビ局記者拘束問題ホームディレクトリーウイルバー リトルホームディレクトリコンテンツサービスノーマン カズンズマニトゥーリン島コールマンの定理アラン ダグラスディレクトリーコンピューターバックナンバーリップカレントダウンカレントカビボの角度

カレントの関連情報