コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カワゴンドウ Orcaella brevirostris; Irrawaddy dolphin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カワゴンドウ
Orcaella brevirostris; Irrawaddy dolphin

クジラ目ハクジラ亜目マイルカ科カワゴンドウ属。イラワジイルカともいう。体長は2~2.5m。出生体長は推定約 1m。背部から体側にかけて濃い灰青色または黒色を呈し,腹部は淡色である。噴気孔は1個で頭部正中線上にある。頭部は丸く嘴 (くちばし) はないが,口のまわりが口唇のように盛上がる。頸椎骨が遊離しているため頭部が自由に動き,咽喉部には細かい多数の縦皺が入る。背鰭 (せびれ) は小さく,体の中央よりやや後方に位置し,先端は鈍くやや後方に曲る。背鰭から尾鰭の中央にかけてキール (稜状の隆起) がある。胸鰭は大きく体長の7分の1くらいで幅があり,旋回や静止などの動きに対応しよく動く。歯は上顎骨に 17~18対,下顎骨に 15~18対あり,歯冠がやや大きい。群れは通常6頭以下であるが,15頭以上の場合もある。行動はあまり活発ではない。繁殖期は6~8月と推測されている。魚類,イカ類および甲殻類を捕食し,魚の群れに対して,口から水を吐き威嚇する。熱帯と亜熱帯海域の,インド洋ならびに太平洋の沿岸域,汽水域,淡水域に生息する。北オーストラリアおよびニューギニアからベンガル湾にかけて分布し,エイヤーワディ川,マハカム川等の流域にも出現する。オーストラリアのサメ刺網や筌漁業 (せんぎょぎょう) などで混獲されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カワゴンドウ
かわごんどう / 河巨頭
Irrawaddy dolphin
[学]Orcaella brevirostris

哺乳(ほにゅう)綱クジラ目カワゴンドウ科に属する小形ハクジラ。イラワジイルカともいう。ベンガル湾からニューギニア、インドネシアにかけての熱帯、亜熱帯の沿岸や河口域にすむ。大きな河川にもさかのぼる。体長2メートルぐらいで、頭部に吻(ふん)がなく皮膚は柔らかい。全身灰色で斑紋(はんもん)がなく、腹側は淡い。スナメリに似ているが、本種には背びれがある。各列十数本の小さい歯をもち、小魚を食べる。ボルネオ産の本種数頭をジャカルタ水族館で飼育し繁殖に成功している。[西脇昌治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カワゴンドウの関連キーワードチャウミャウンシーパンドーンチリカ湖西脇昌治クラチェ巨頭鯨河巨頭

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android