カン(贛)江(読み)カンこう(英語表記)Gan jiang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「カン(贛)江」の解説

カン(贛)江
カンこう
Gan jiang

中国南東部,チヤンシー(江西)省中部を北流する川。チャン(長)江支流の一つ。全長 758km,流域面積 8万1660km2で,いずれも省最大。省の南部を流れるコン(貢)水とチャン(章)水がカンチョウ(贛州)市で合流してカン江となり,東方のウーイーシャン(武夷山)山脈,西方のルオシヤオシャン(羅霄山)山脈から流出する多数の支流を集めながら北流して,ウーチョン(呉城)でポーヤン(鄱陽)湖に注ぐ。名称は,上流の2河川の文字を合わせたもの。おもな支流はユワン(袁)水,チン(錦)江,シウ(修)水など。カンチョウ市から下流航行に利用される。上流には本支流ともにダムが建設され,発電,灌漑,洪水防止に利用されている。中流以下では堤防建設が進んでいる。特に下流の三角州は,かつて湿地が広がり住血吸虫に悩まされていたが,埋め立てや開墾により,ポーヤン湖平原の重要な稲作地域となっている。上流,中流沿いに赤色砂岩の盆地が開け,カンチョウ市,チーアン(吉安)市などが立地する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android