コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉安 きつあん

3件 の用語解説(吉安の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

吉安【きつあん】

中国,江西省中部,【かん】江(かんこう)中流に沿う交易都市。長江流域と嶺南地方を連絡する要衝で,木材の集散で名高い。欧陽修,文天祥の生地。56万人(2014)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きつあん【吉安 Jí ān】

中国,江西省中部,吉安地区の市。人口32万(1994)。やや南西に同名の県もある。江西省を南北に貫流する贛江(かんこう)の中流左岸にあり,鉄道の通じていない現在,江西南部の水運・公路の中心,物資の集散地。民国時代には省第一の富豪周氏をはじめとした金融業者の存在でも知られた。漢代,予章郡に属する廬陵(ろりよう)県が置かれ,三国の呉は261年(永安4)廬陵郡を設けてその治所とした。隋・唐以後,郡は吉州と改められ,明・清は吉安府に昇格させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉安
きつあん / チーアン

中国、江西(こうせい/チヤンシー)省中南部の市。吉安地区級市2市10県の行政中心地である。(かんこう/カンチヤン)と支流の禾水(かすい)の合流点にある。人口33万2497(2000)。秦(しん)代に廬陵(ろりょう)県が置かれ、後漢(ごかん)、南北朝には一時高昌(こうしょう)、石陽とよばれたこともあるが、隋(ずい)代に古名に復した。明(みん)・清(しん)代は吉安府治。1914年吉安県と改称、49年市制を施行した。江中流部の水陸交通の要地で、流域の物資の集散の中心となっていて、京九鉄道(北京(ペキン)―九竜(きゅうりゅう/チウロン)(香港(ホンコン)))が縦貫する。機械、化学、製紙、皮革、食品加工などの工業が発達、樟脳(しょうのう)製造も行われる。周辺農村では米、サツマイモ、椿油(つばきあぶら)、スギ、マツ、クスノキ、タケを産し、養蚕も盛んで、クスノキ製の箱類が特産である。[河野通博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吉安の関連情報