コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンゾウ

栄養・生化学辞典の解説

カンゾウ

 [Glycyrrhiza glabra].甘草と書く.バラ目マメ科カンゾウ属の多年草.根茎グリチルリチンを含み甘いので甘味料として用いたり薬用にする.若芽も食用にする.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

カンゾウ

マメ科ウラルカンゾウなどの根、根茎。鎮痛、鎮咳作用があり生薬として使用される。表記は「甘草」とも。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

カンゾウの関連キーワードGlycyrrhiza glabraフォンチェン(豊鎮)丘陵カンゾウ(萱草)グリチルレチン酸グリチルリチン酸カンゾウ(甘草)カンゾウタケハマカンゾウヘメロカリスキンシンサイヤブカンゾウ忘れ草・萱草甘木・甘草マツダ浴精デイリリーワスレグサノカンゾウ南蛮萱草リコリス肝臓茸

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カンゾウの関連情報