コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンタブリカ山脈 カンタブリカさんみゃくCordillera Cantábrica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンタブリカ山脈
カンタブリカさんみゃく
Cordillera Cantábrica

スペインの北海岸に沿って延びる山脈。全長 450km。北の海岸地方,南のメセタとの境は明瞭であるが,東西両端は不明瞭。最高峰はサンタンデルの南の巨大な石灰岩の山,エウローパ山 (2648m) で,ここから西に平均標高 1500~2000mの山並みが続く。交通上はピレネー山脈より大きな障壁で,オビエド-レオン間の鉄道は 1400m近い高所を越える。主要峰はエスピグエテ山 (2450m) ,プリエタ山 (2536m) ,ビエハ山 (2613m) など。大西洋側は降水量が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンタブリカ山脈
かんたぶりかさんみゃく
Cordillera Cantbrica

スペイン北部、イベリア半島の北岸をビスケー湾に沿って東西に走る山脈。スペイン内陸部の台地メセタの北縁を限り、東はピレネー山脈に連なる。全長約450キロメートルで、南北二つの主脈に分かれる。最高峰トレド山(2648メートル)。大部分は標高1000~2000メートルで、おもに石灰岩からなる。北斜面は西岸海洋性気候のもとにあって降雨が多く、ブナ、クリ、カシなどの森林が茂る。急流が豊かな水力を提供し、オビエドからビルバオにかけての工業発展の基となっている。山脈の南側はカスティーリャ・イ・レオン地方で、海洋から隔絶されて乾燥している。石灰岩、鉄鉱石を多く産出する。[田辺 裕・滝沢由美子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カンタブリカ山脈の関連キーワードカスティリア・レオン自治州アストゥリアス(スペイン)ガリシア(スペイン)カンタブリア自治州バスク(地方)パレンシア県カスティリアカンタブリ人国土回復運動ビスカヤ県原始美術レオン県サモラ県エブロ川アラバ県バスクルゴ県書籍ビゴ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android