カンポグランデ(英語表記)Campo Grande

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンポグランデ
Campo Grande

ブラジル南西部,マトグロッソドスル州の州都。中心集落はサンパウロの西北西約 900km,マラカジュ山脈中にあり,標高約 540m。同州最大の商業中心地で,豊かな農牧地帯を背後に控え,牛やコーヒー,米,綿花,サトウキビトウモロコシなどの農産物を集散するほか,食肉,皮革,マテ茶 (パラグアイ茶) などの加工業が立地する。交通の要地で,サンパウロからボリビアとの国境の町コルンバへ通じる幹線鉄道が通り,パラグアイとの国境の町ポンタポランへ通じる支線が分岐する。道路も四通する。人口 45万 9554 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カンポ‐グランデ(Campo Grande)

ブラジル、マトグロッソドスル州の州都。ボリビア、パラグアイとの国境に近く、東西を結ぶ交通の要衝。日本、特に沖縄県からの移民が多い。カンポ‐グランジ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android