コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーダール Kádár János

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーダール
Kádár János

[生]1912.5.22. ショモジャ,リエカ
[没]1989.7.6. ブダペスト
ハンガリーの政治家。 1931年に青年共産主義労働者連盟,翌年共産党に加入し数回投獄された。第2次世界大戦に地下抵抗運動を組織,45~46年ブダペスト市党委員会書記,46~51年党副書記長。 48年第一書記,内相就任。 51年にチトー主義者として逮捕されたが,53年に釈放。 56年 10月のハンガリー動乱で,ナジ政権に入閣,党第一書記に就任。暴動の右傾化をみて社会主義労働者党を結成して第一書記に就任,ソ連の第2次介入を要請し,同時に首相就任を発表した。その後 58年まで首相を続け,61~65年にも再度首相に就任。その間一貫して党最高指導者の地位を保ち,東欧圏でも最も大胆な政治,経済の改革を漸進的な形で遂行した。そのため動乱期に最低水準にまで低下した国民の信頼を回復した。 77年レーニン平和賞受賞。 88年書記長辞任,89年すべての要職を退く。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カーダール

ハンガリーの政治家。1930年代初めから非合法の共産党活動を行い,第2次大戦中はチトーと協力,抵抗運動を組織する。1947年党副書記長,1948年内相となる。1951年チトー主義者として投獄されたが1956年非スターリン化政策で復帰し,ハンガリー事件後首相(1956年―1958年,1961年―1965年)。
→関連項目ハンガリーハンガリー社会主義労働者党

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カーダール【Kádár János】

1912‐89
ハンガリーの政治家。機械工出身。1931年共産党入党。第2次大戦中はブダペストを中心に反ファシズム民族解放運動を組織。解放後共産党中央委員。48年から内相。51年にラーコシにより逮捕されるが,54年に復権。56年7月ハンガリー勤労者党中央委員。56年10月のナジ政権に当初協力するが,11月初めこれを離れてハンガリー社会主義労働者党およびハンガリー労農政府を組織。同党第一書記および首相となる。58年首相を辞するが,61‐65年に再任。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カーダール
かーだーる
Kdr Jnos
(1912―1989)

ハンガリーの政治家。精密機械工見習いとなり、1930年労働運動に参加。翌1931年共産主義青年労働者同盟に加盟。1940年の共産党再建に参加し、1942年中央委員となる。党の公然組織「平和党」の中央委員も兼任。ドイツ占領期にチトーとの接触を図って逮捕される。1945年2月に党のモスクワ亡命派中央委員会と国内中央委員会が合同、中央委員となる。以後、国会議員や警視総監補としても活躍。社会党との合同による勤労者党創立後の1948年8月に内相就任。その直後、反チトー・キャンペーンが起こり、反ラーコシ(書記長)派の粛清も始まり、1951年に逮捕される。1954年に名誉回復され、ふたたび党要職につく。1956年秋ハンガリー事件のなかで当初ナジ政府に加わるが、ソ連の軍事介入に呼応してナジのもとを離れ、親ソ的革命労農政府を組織し、反抗を鎮圧。以後、1988年まで党第一書記。一時は首相を兼任し、「敵でない者は味方」とする柔軟な政策で国情を安定させ、国民の信望を得た。[家田 修]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカーダールの言及

【ハンガリー】より

…【家田 修】。。…

【ハンガリー事件】より

…【伊東 孝之】。。…

※「カーダール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カーダールの関連キーワード社会主義労働者党[ハンガリー]東欧諸国の体制転換スターリン批判ハンガリー史アチェール5月26日フォック

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android