コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガオ ガオ Gao

翻訳|Gao

4件 の用語解説(ガオの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガオ
ガオ
Gao

マリ中東部の町。ガオ県の県都。トンブクトゥ東南東約 310km,ニジェール川左岸に位置。古来サハラ砂漠縦断路の要衝として栄え,15~16世紀にはマリ帝国ソンガイ王国の首都。ソンガイ王国のアスキア・ムハンマドの墓とモスクが残る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ガオ(Gao)

マリ東部の都市。ニジェール川に面する河港を有する、交通の要地。古くからサハラ交易で栄え、ソンガイ帝国の首都が置かれた。市街北部に2004年に世界遺産文化遺産)に登録されたアスキア墳墓がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ガオ【Gao】

西アフリカに16世紀を頂点として広大な版図を築いたソンガイ帝国の首都。現在のマリ共和国東部のニジェール川に面した地点にある。人口約3万。県庁所在地であるほか,家畜市が立ち,乾季にニジェール川大湾曲部を運航する定期船の東の終点,サハラを車で越えてきた旅行者の休憩地としてもにぎわう。ソンガイ帝国の最盛期(当時の人口は5万~6万と推定される)を築いたアスキア朝の王墓がある日乾煉瓦造りのモスクがいまも残っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ガオ【GAO】

〖Government Accountability Office〗
アメリカの、会計検査院。連邦予算の支出、政府機関の活動を監査し議会に報告する、議会付属の機関。1912 年、General Accounting Office として創設。2004 年改称。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガオの関連キーワード西アフリカ諸国経済共同体ウィントフークアフリカ菫ホワイトアフリカ汎アフリカ主義アフリカデーアフリカの音カニエパン・アフリカニズム南西アフリカ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ガオの関連情報