コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガオ Gao

翻訳|Gao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガオ
Gao

マリ中東部の町。ガオ県の県都。トンブクトゥ東南東約 310km,ニジェール川左岸に位置。古来サハラ砂漠縦断路の要衝として栄え,15~16世紀にはマリ帝国ソンガイ王国の首都。ソンガイ王国のアスキア・ムハンマドの墓とモスクが残る。 2004年アスキアの墓が世界遺産の文化遺産に登録。米,ミレット,ジャガイモ,豆類の集散地で,バター,羊毛,皮革,家畜などを移出。河港と国内空港がある。人口5万 4874 (1987推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ガオ(Gao)

マリ東部の都市。ニジェール川に面する河港を有する、交通の要地。古くからサハラ交易で栄え、ソンガイ帝国の首都が置かれた。市街北部に2004年に世界遺産(文化遺産)に登録されたアスキア墳墓がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ガオ【Gao】

西アフリカに16世紀を頂点として広大な版図を築いたソンガイ帝国の首都。現在のマリ共和国東部のニジェール川に面した地点にある。人口約3万。県庁所在地であるほか,家畜市が立ち,乾季にニジェール川大湾曲部を運航する定期船の東の終点,サハラを車で越えてきた旅行者の休憩地としてもにぎわう。ソンガイ帝国の最盛期(当時の人口は5万~6万と推定される)を築いたアスキア朝の王墓がある日乾煉瓦造りのモスクがいまも残っている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ガオ【GAO】

〖Government Accountability Office〗
アメリカの、会計検査院。連邦予算の支出、政府機関の活動を監査し議会に報告する、議会付属の機関。1912 年、General Accounting Office として創設。2004 年改称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ガオの関連キーワード百獣戦隊ガオレンジャーアフリカ・ハイウェー秋田県男鹿市戸賀塩浜コヒルガオ(小昼顔)ソライロアサガオセイヨウアサガオアメリカアサガオユウガオ(夕顔)アサガオ(朝顔)ニジェール[川]ダン・ニー朱門みず穂西アフリカヨウサイモプティ小川ガオ吉野貴宏クリコロ蕣々花蛇朝顔

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ガオの関連情報