コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガニメデ Ganymede

翻訳|Ganymede

デジタル大辞泉の解説

ガニメデ(Ganymede)

木星の第3衛星で、すべての衛星のうち7番目に木星に近い軌道を回る。太陽系最大の衛星。1610年にガリレオ=ガリレイが発見。名の由来はギリシャ神話ガニュメデス。表面は黒っぽく見える比較的平滑な地域と、明るく見える断層が多い地域がある。直径は約5300キロ(地球の約0.41倍)。平均表面温度はセ氏マイナス160度。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ガニメデ

木星の第III衛星。1610年にG.ガリレイが発見。木星の中心から107万520km(木星半径の14.99倍)のところをほぼ円軌道を描いて,7.154553日の周期で公転

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ガニメデ【Ganymede】

木星の第III衛星。1610年,G.ガリレイによって発見された。光度は4.6等。ギリシア神話の美少年ガニュメデスにちなんで名付けられた。木星中心より107万0500km(木星半径の14.99倍)のところをほぼ円軌道を描いて,7.154553日で公転している。半径は2634km,質量は1.4868×1026g(木星の7.8289×10-5倍)で太陽系最大の衛星であり,半径は水星より大きい。平均密度は1.93g/cm3と求められる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ガニメデ【Ganymede】

ガリレイが1610年に発見した木星の四大衛星の一。太陽系で最大の衛星で、半径は水星より一回り大きい2634キロメートル。最大光度五等。約七日で木星を一周。表面に多くの光条などがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガニメデ

ガニメド」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガニメデ
がにめで
Ganymede

木星の第3衛星。ガリレイが1610年に発見した4個のいわゆるガリレオ衛星の一つである。木星の中心から約107万キロメートルのところを7.1545日で公転している。太陽系最大の衛星であり、直径5280キロメートルで水星よりも大きいが、質量は地球の0.026倍ほどで、水星の半分以下である。表面は厚い氷に覆われていると思われ、ボイジャー探査機の観測でクレーターをはじめいろいろな地形がみいだされた。[村山定男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のガニメデの言及

【ワシ(鷲)】より

…この美少年はゼウスに愛されたために天に昇り,みずがめ座となってわし座に並び合っているという。ゼウス(ユピテル=ジュピター)の星たる木星の第3衛星(1610年ガリレイが発見)もガニメデと名づけられている。 また大プリニウスの《博物誌》によれば,ワシは太陽を直視できるほど鋭い視力をもち,親鳥は幼鳥をつついて強制的に太陽を見つめさせ,まばたきしたり涙をこぼしたりしたものは不適格として巣からほうりだすという。…

※「ガニメデ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ガニメデの関連キーワードカリスト(木星の第四衛星)エロス(ギリシア神話)チタン(土星の衛星)ボイジャー計画トルバルセンわし(鷲)座ラプラス共鳴巨人たちの星ガリレイ衛星みずがめ座惑星探査機ボエジャー木星探査機宇宙開発タイタンエウロパガリレオわし座イダ山ワシ

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ガニメデの関連情報