コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガラガラヘビ ガラガラヘビ rattlesnake

翻訳|rattlesnake

4件 の用語解説(ガラガラヘビの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガラガラヘビ
ガラガラヘビ
rattlesnake

トカゲ目クサリヘビマムシ亜科に属する毒ヘビの一群。体長 40cmほどの小型種から,2.5mをこえる巨大なものまであり,大型種は特に危険性が大きい。体は太くて重く,頭部は三角形で,細い頸部とはっきり区別できる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ガラガラヘビ

クサリヘビ科の毒ヘビ。南北アメリカに約30種分布。最大はヒガシダイヤガラガラヘビの2.4m,最小は50cm。いずれも毒性が強く危険。特徴は,尾端が脱皮のときに残って,さや状に連なることで,危険が近づくと激しく振動させ音を出して威嚇する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ガラガラヘビ【rattle snake】

クサリヘビ科マムシ亜科のうち,尾端に特殊な発音器官をもつガラガラヘビ属Crotalus28種とヒメガラガラヘビ属Sistrurus3種の毒ヘビの総称。カナダ南東部から中央アメリカを経て南アメリカのアルゼンチンまで分布する。南アメリカに分布しているのは31種のうち2種。平地から高地まで広く分布し,メキシコでは4000mの高山にも見られ,横ばい運動で知られるサイドワインダーC.cerastesイラスト)は砂漠にすむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガラガラヘビ
がらがらへび
rattlesnake

爬虫(はちゅう)綱有鱗(ゆうりん)目クサリヘビ科マムシ亜科のうち、ガラガラヘビ属とヒメガラガラヘビ属に含まれるヘビの総称。尾端に特殊な発音器官をもつことで知られる毒ヘビで、カナダ南東部、アメリカ合衆国、中央アメリカからアルゼンチンに至るアメリカ大陸の大部分に分布する。ガラガラヘビ属Crotalusには28種(ほかに約40亜種)、ヒメガラガラヘビ属Sistrurusには3種が知られ、そのうち南アメリカにはガラガラ属の2種だけが分布する。全長1.2~1.8メートルほどで、大はヒガシダイヤガラガラヘビC. adamanteusの2.4メートル、小はカロライナヒメガラガラヘビS. miliariusの60センチメートルである。頭部は三角形で細鱗に覆われるが、ヒメガラガラヘビ属では大形鱗に分かれる。ガラガラヘビの特徴である尾端の発音器官は、変形した尾端の鞘(さや)状の鱗(うろこ)が脱皮のたびに1節ずつ残されたもので、古い節は先端から順次脱落してゆく。発音は、尾部を立て激しく振動させることによる。自然界では尾節が8節ぐらいの個体が多く、もっとも効率よく音をたてるが、飼育下では20節も残って効率が落ちる個体がある。子ヘビには最初プレボタンとよばれる突起があり、最初の脱皮で第1節を生じるが、分化の進んでいないヒメガラガラヘビ属では発音器官が小さい。ガラガラヘビが発音する理由として、種間のコミュニケーション、ヤギュウによる圧死の防止などの諸説があるが、毒ヘビの存在を天敵に知らせる警告信号というのが、適説と考えられる。すべて毒性が強く、とくに大形種は危険である。卵胎生で20~60匹の子を産む。[松井孝爾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のガラガラヘビの言及

【脱皮】より

…ヘビの脱殻は日本ではお守として使われることがある。ガラガラヘビでは第1回の脱皮はすべて脱ぐが,2回目からは尾端のうろこが脱落せずそのまま残り,1年約3回の脱皮ごとに重なり音響器官を形成する。古くなると外層から脱落するが,最高23層が報告されている。…

【毒腺】より

…毒ヘビ類の毒腺は唾液(だえき)腺の唇腺が変形したもので,毒牙に連絡している。ヘビの毒腺からは,呼吸中枢に作用し呼吸麻痺をおこさせる神経毒(コブラのオフィオトキシン,ガラガラヘビのクロトキシンなど),血管壁からの出血をおこし赤血球をこわす溶血毒(マムシのクロタロトキシン)などさまざまの毒素が分泌される。両生類,魚類には皮膚腺が毒液を分泌するものがある。…

※「ガラガラヘビ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ガラガラヘビの関連キーワードクサリヘビサイドワインダー毒牙ヨーロッパクサリヘビがらがら蛇鎖蛇青波布マムシ(蝮)スナクサリヘビ

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ガラガラヘビの関連情報