コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガルベストン Galveston

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガルベストン
Galveston

アメリカ合衆国,テキサス州南部の都市。ヒューストンの南東約 80km,沿岸砂州が発達してできたガルベストン島にあり,メキシコ湾にのぞむ重要な港町として発達。町の起源は 19世紀初頭。主要輸出品は綿花,穀物,硫黄。輸入品は砂糖,茶,バナナ。 19世紀末期以降,ヒューストン港の登場と 1900年9月に襲来したハリケーンによる破壊のために,その地位が低下した。海運,石油精製,食品加工,観光が主産業。テキサス大学の医学部と看護学部の所在地。人口5万 9070 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ガルベストン

米国,テキサス州南東部の港湾都市。同名湾に臨み観光保養地でもある。メキシコ湾岸の沿岸砂州上に位置。かつてヒューストン外港として綿花の大輸出港であったが,現在綿花輸出の中心はヒューストン港に移り,硫黄の輸出港として重要となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ガルベストン【Galveston】

アメリカ合衆国テキサス州南東部の港湾都市。人口5万9000(1990)。ガルベストン湾の入口にあるガルベストン島に位置する。ガルベストン湾からヒューストンに運河が通じており,重要な輸出入港である。綿花,硫黄,米,小麦粉,原油などが主要輸出品。石油精製,造船業が主要製造業である。1830年代に集落が建設され,50年ころから綿花の輸出港として発展した。【菅野 峰明】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ガルベストン【Galveston】

アメリカ合衆国、テキサス州のメキシコ湾に臨む港湾都市。石油化学・機械・造船などの工業が発達。観光地としても有名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガルベストン
がるべすとん
Galveston

アメリカ合衆国、テキサス州南東部の港湾都市。人口5万7247(2000)。ガルベストン湾の入口にあるガルベストン島北東部に位置する。高速道路、運河がヒューストンに通じており、重要な輸出入港である。港には穀物エレベーターなどの大規模な港湾施設があり、綿花、硫黄(いおう)、米、小麦が主要輸出品としてあげられる。1830年代に集落が建設され、50年ごろから綿花の輸出港として発展した。[菅野峰明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ガルベストンの関連キーワードジェファソン(Blind Lemon Jefferson)ヒューストン(アメリカ合衆国)リチャード ウイリアムスエスター フィリップスキング・W. ビダーG.T. ホーガンケイ ハッチソンテキサスシティーラリー コリエルサンタ・フェ鉄道アメリカ合衆国ベイタウンサビーン川石油化学ブラッグ観光地ビダー

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android