コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キアリーニ キアリーニChiarini, Giuseppe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キアリーニ
Chiarini, Giuseppe

[生]1833. アレッツォ
[没]1908. ローマ
イタリアの詩人,文学史家。カルドゥッチの友人であり信奉者。カルドゥッチやガルガーニらとフィレンツェで,有名な文学サークル「衒学者たちの集い」 (1856~59) を結成,ロマン主義に対して新古典主義の論陣を張った。ダンヌンツィオの処女詩集を世に喧伝したことでも知られる。主著『詩集』 Poesie (1902) ,『カルドゥッチの生涯の思い出』 Memorie della vita di G. Carducci (03) ,『フォスコロの生涯』 La vita di U. Foscolo (10) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キアリーニ
きありーに
Giuseppe Chiarini
(1833―1908)

イタリアの文学者。青年期にカルドゥッチらと文学サークル「規則にうるさい仲間たち」を結成し、ロマン主義を弾劾。詩人、ジャーナリストとしての活動のほか、文部省の要職にもつくが、おもな業績は、ハイネ、シェリーなどの翻訳、およびフォスコロ、レオパルディの伝記的研究にある。ダンヌンツィオの才能を早くから認めつつも、その官能的、退廃的な作風を厳しく非難した一人である。[鷲平京子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

キアリーニの関連キーワードブラケットパウエルサーカス

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android