キスリング(英語表記)Kisling, Moïse

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キスリング
Kisling, Moïse

[生]1891.1.22. クラクフ
[没]1953.4.29. サナリー
フランスの画家。ポーランド生れのユダヤ人で,エコール・ド・パリの代表的画家。クラクフの美術学校で師のパンキエビッチから印象派の画風を学んだのち,1910年パリに出る。ブラック,ピカソ,J.グリス,M.ジャコブラと交わり,A.ドランに強く影響される。第1次世界大戦中,外人部隊に入隊して負傷。戦後フランス国籍を得,19年個展で成功。第2次世界大戦中アメリカに亡命,戦後フランスに戻る。肖像,裸婦を得意とし,明るい色彩のうちに哀愁,官能性を凍結させた。代表作モンパルナスキキ』 (1925) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

キスリング(〈ドイツ〉Kissling)

縦長で、横に二つのポケットのついた、口を巾着(きんちゃく)型に縛る大型のリュックサックスイスの袋物職人キスリングが考案した。

キスリング(Moïse Kisling)

[1891~1953]ポーランド生まれの画家。エコール‐ド‐パリの一人。明るい色彩で、哀愁を帯びた女性像・風景・静物を描いた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

キスリング

エコール・ド・パリの画家。ユダヤ系ポーランド人。1910年パリに出て,モンマルトルの〈バトー・ラボアール(洗濯船)〉に住む。セザンヌドランらの影響を受けた,孤独とメランコリーと官能性の入り混じった甘美な作風で知られる。代表作《モンパルナスのキキ》(1925年)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

キスリング【Kissling】

〔考案したスイス人の名による〕
大形の登山用リュックサックの一種。

キスリング【Moïse Kisling】

1891~1953) フランスの画家。ポーランド生まれ。エコール-ド-パリの一人として、透明感があり色彩あふれる絵を描いた。作「ポーランド風の肩掛の娘」「モンパルナスのキキ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

キスリング

〘名〙 (Kissling) 登山用の大きなリュックサック。スイスの袋物職人キスリングが創案した。〔登山技術(1939)〕

キスリング

(Moïse Kisling モイーズ━) ポーランド生まれのフランスの画家。ドランの影響を受け、明るい色彩で、哀愁を帯びた女性像、風景などを描いた。エコール‐ド‐パリの一人。(一八九一‐一九五三

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のキスリングの言及

【リュックサック】より

…明治初期には日本にも紹介されたが,登山に使用したのは1910年加賀正太郎がヨーロッパから持ち帰って以来で,このときは三つポケット型であった。その後,29年松方三郎がキスリング型(スイスの製作者キスリング創案の,横に二つポケットのついた型)を持参して以来,これが登山用のリュックサックの主流となった。第2次大戦後ヨーロッパ製の各種の製品が輸入され,材質も帆布が中心であったがナイロン,ビニロンなど軽量のものとなり,形や大きさも利用目的に応じて多様化した。…

※「キスリング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キスリングの関連情報