コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キタダケソウ

3件 の用語解説(キタダケソウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

キタダケソウ

山梨県北岳に特産するキンポウゲ科多年草。礫(れき)まじりの高山草地にはえる。高さ10cm内外,根出葉は3回3出複葉で多少粉白をおびる。花は1個つき,白色で径約2cm,萼片(がくへん)は5枚,花弁は6〜8枚。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

キタダケソウ【Callianthemum hondoense Nakai et Hara】

山梨県北岳の高山帯に特産するキンポウゲ科の多年草(イラスト)。根生葉は叢生(そうせい)し,2回3出複葉,小葉身は欠刻し,やや厚く,白緑色。6,7月ころ,高さ10~20cmの花茎を出しふつう1個の花をつける。花は直径2~2.5cm,萼片は5枚あるが早くに落ちる。花弁はふつう6~7枚,黄みを帯びた白色で,基部に暗赤色の部分がある。おしべは多数。めしべも多数。果実は瘦果(そうか)の集りである。日本には本種のほか,北海道アポイ岳の蛇紋岩地帯に特産するヒダカソウC.miyabeanum Tatewakiがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キタダケソウ
きただけそう / 北岳草
[学]Callianthemum hondoense Nakai et Hara

キンポウゲ科ウメザキサバノオ属の多年草。南アルプス北岳の山頂付近の風衝地の小石混じりの草原に特産する高山植物。茎は高さ約10センチメートル。葉は3回3出複葉。花は白色、直径約2センチメートルで、6~7月、茎の先に一つずつ開く。本属はヨーロッパからアジアにかけての高山に約10種分布し、日本とその付近では本種のほかに、北海道アポイ岳特産のヒダカソウC. miyabeanum Tatewaki、朝鮮北部のウメザキサバノオC. insigne Nakaiがある。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キタダケソウの関連キーワード北岳ラナンキュラス亜高山帯高山帯信濃金梅深山苧環馬の足形金鳳花白鳳渓谷トリカブト

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キタダケソウの関連情報