コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キハッソク Diploprion bifasciatus

2件 の用語解説(キハッソクの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

キハッソク【Diploprion bifasciatus】

スズキ目ヌノサラシ科の海産魚。キハッソクはおもに和歌山県下各地の名称であり,この魚は煮えにくく,煮るのに〈木八束〉も必要であるためこの名がついたといわれる。また和歌山県湯浅ではキハッチョウ,同県三輪崎シュウリキ,同県和歌浦ナベコサゲ,長崎県でソネワセ鹿児島県ワシダイ呼ばれる。南日本から西部太平洋インド洋まで広く分布し,沿岸の深さ5~50mの岩礁域にすんでいる。全長25cmに達する。体色は美しい黄色に,黒褐色の横帯がやや斜めに走っている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キハッソク
きはっそく / 木八束
yellow emperor
[学]Diploprion bifasciatus

硬骨魚綱スズキ目ヌノサラシ科に属する海水魚。南日本から西部太平洋、インド洋の熱帯域に広く分布し、沿岸の岩礁にすむ。全長25センチメートルに達し、体は楕円(だえん)形で強く側扁(そくへん)する。鱗(うろこ)は小さな櫛鱗(しつりん)で、皮膚によく密着する。皮膚には毒腺(どくせん)があり、刺激を受けると毒液を出し、外敵から身を守る。幼魚では背びれ第2、第3棘(きょく)が糸状に伸びる。体色は美しい黄色で、体側に2条の黒褐色横帯が斜めに走る。肉は堅く不味である。[片山正夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キハッソクの関連キーワードシロギスブリマダイアオギスアサヒダイオオニベキグチキハダマグロトラギスマカジキ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone