コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キビナゴ キビナゴ Spratelloides gracilis

4件 の用語解説(キビナゴの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キビナゴ
キビナゴ
Spratelloides gracilis

ニシン目ニシン科の海水魚。食用。体長約 10cm。体は円筒形で細長く,その両側に幅広い銀白色の縦帯がある。鱗ははがれやすい。関東地方山陰地方以南,インド・西太平洋の暖海に分布する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

キビナゴ

ニシン科の魚。地方名キミナゴ,キミイワシなど。全長10cmほどになり,細長い。背側は淡青色,体側に銀白色の縦帯がある。本州中部〜熱帯の海に分布。外洋性だが,産卵期には大群をなして海岸に近づく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

キビナゴ

 [Spratelloides gracilis].ニシン目ウルメイワシ科の海産魚.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キビナゴ
きびなご / 吉備奈仔
banded blue-sprat
[学]Spratelloides gracilis

硬骨魚綱ニシン目ニシン科に属する海水魚。本州中部以南、朝鮮半島、台湾など熱帯海域に分布する。体は円筒形で細長く、背側は淡青色、腹は白色で、体側に幅広い銀白色の縦帯がある。全長10センチメートルに達し、5~6月ごろの産卵期には大群をなして海岸へ接近する。卵は沈性粘着卵。本種は地域性の魚で、沿岸各地で小型巻網、敷網、地引網などによって漁獲される。[浅見忠彦]

料理

広い意味ではイワシの仲間である。本州太平洋側の中部地方以南から九州にかけてとれるが、鮮度がたいへん落ちやすいので、新鮮なうちに食用とする必要がある。
 骨を手ですき取り、新鮮な身を酢に浸し、よく冷やして食べると味がよい。刺身には酢みそや酢じょうゆを添える。そのほか、すし、鍋物(なべもの)、和(あ)え物、てんぷらにもよい。煮干しにもされるが、これは「きびないりこ」とよび、上等品である。だしに使うよりも、おろし和えや酢の物など、料理の材料としてよく利用される。[河野友美・大滝 緑]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キビナゴの関連キーワードイカナゴカタクチイワシサッパマイワシあきみち潤目鰯橘公業キビナゴ(黍魚子∥吉備奈仔)キミイワシキミナゴ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キビナゴの関連情報