コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キベリタテハ Nymphalis antiopa

2件 の用語解説(キベリタテハの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

キベリタテハ【Nymphalis antiopa】

鱗翅目タテハチョウ科の昆虫。イギリスではCamberwell beauty,アメリカではmourning cloakと呼ばれる。中型のタテハチョウで開張は7cm内外。雌は雄より少し大きく翅に丸みがある。翅の表面は濃いチョコレート色で,外縁に淡黄色の帯があるためこの名がついた。北半球に広く分布し,日本では本州中部以東と北海道に産する。本州ではシラカバダケカンバのある1000~2000mの地帯にすむが,北海道では低地でも見られ,露岩地や地表に止まる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キベリタテハ
きべりたては / 黄縁
camberwell beautymorning cloak
[学]Nymphalis antiopa

昆虫綱鱗翅(りんし)目タテハチョウ科に属するチョウ。ヨーロッパより東アジア北部にわたりユーラシアの北部に広く分布、北アメリカにも産する。日本では北海道と本州中部地方以北の山岳地帯に分布する。はねの開張70ミリメートル内外。はねの表面は黒褐色で、外縁は前ばね、後ろばねともやや幅広く黄色を呈し、きわめて特徴のあるチョウで、これに似たチョウは世界的にみてもほかにない。和名キベリタテハはこの特徴に由来する。しかし、越冬して色あせたものは黄縁が白縁となる。年1回の発生で、成虫の出現は遅く8月が羽化の最盛期、晩夏より秋にかけての登山では本種の姿をみることが多い。食草はカバノキ科のダケカンバ、ウダイカンバ、シラカバ、ヤナギ科のオオバヤナギ、バッコヤナギ、ドロノキなどである。[白水 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キベリタテハの関連キーワード孔雀蝶木の葉蝶胡麻斑蝶蛇の目蝶白蝶豹紋蝶小緋威小紫蝶蛺蝶擬蛺蝶

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone