コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キボシカミキリ Psacothea hilaris

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キボシカミキリ
Psacothea hilaris

鞘翅目カミキリムシ科の昆虫。体長 14~30mm。体は黒色で,全面が灰白色の微毛におおわれている。頭部,前胸背,上翅には黄色紋があるが,その形状と色彩は地域的に異なり,数亜種に分けられている。触角は長く,雄では体長の 2.6倍,雌では2倍。前胸背には弱い横皺があり,両側には小さな円錐形突起がある。上翅は後方にゆるやかにせばまる。幼虫イチジククワの材を穿孔し,成虫もこれらの樹皮をかじって大害を与える。本州,四国,九州,対馬南西諸島に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キボシカミキリ【Psacothea hilaris】

甲虫目カミキリムシ科に属し,イチジク,クワ類の生木の害虫として知られる。本州,四国,九州,琉球諸島,対馬のほか,朝鮮半島や中国北部にも分布するが,色彩と形態の若干の相違から多くの亜種に分けられる。黒色の体は灰色の微毛に覆われ,黄色紋を散布する。触角は長く,雄では体長の約2.6倍,雌では約2倍で,いずれも白色微毛の環がある。体長14~30mm。成虫は5月ごろから出現し,イチジク,クワ類の葉を食し,また,これらの木の樹皮をかじって傷をつけ,その中に産卵管をさし入れて1個ずつ卵を産みつける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キボシカミキリ
きぼしかみきり / 黄星天牛
[学]Psacothea hilaris

昆虫綱甲虫目カミキリムシ科に属する昆虫。日本各地に普通にみられる種で、三宅島(みやけじま)、琉球諸島(りゅうきゅうしょとう)には別亜種がおり、朝鮮半島、台湾、中国などにも分布する。体長14~30ミリメートル。触角は雄で体の2倍半、雌で約2倍あり、体は灰黒色、黄白色の条紋が頭胸背面両側にあり、上ばねに小紋が散布される。幼虫はイチジク、クワなどの幹に孔(あな)をあけ食害するテッポウムシで、成虫は5~10月にみられる。[中根猛彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キボシカミキリの関連キーワードフトカミキリテッポウムシ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android