コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キムラグモ Heptathela kimurai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キムラグモ
Heptathela kimurai

クモ綱クモ目ハラフシグモ科。体長1~1.5cm。体は黄褐色。腹部背面にある 12枚のキチン質の甲皮が環節構造の名残りと考えられること,出糸突起と肛門とが離れていることなどから原始的な種と考えられる。崖地に 10cmほどの横穴を掘ってすみ,入口にちょうつがいのように開く扉をつける。入口付近を通りかかる獲物に飛びかかる行動は敏捷である。 1920年に鹿児島市の城山で発見された。九州,沖縄から同属の数種,および近縁のオキナワキムラグモ属 Ryuthelaの数種が報告されている。なおキムラグモ属 Heptathelaには数種の近縁種が中国とベトナムで知られているが,東南アジア産のハラフシグモ属 Liphistiusとともに「生きている化石」といわれている。生物学上貴重な動物で,保護の必要がある。 (→ハラフシグモ )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

キムラグモ

蛛形(ちゅけい)綱キムラグモ科の1種。腹部に体節痕跡(こんせき)があり,最も原始的なクモとして有名。体長10〜15mm,体色淡褐色。崖地に10cmほどの横穴を作り,入口に土を糸でかがったとびらをつける。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キムラグモ【Heptathela kimurai】

キムラグモ科のクモ。体長は雌13~18mm,雄10~13mm。1920年に木村有香が鹿児島で発見した〈生きている化石〉といわれる原始的なクモで,体節動物から進化した証拠を腹部に腹環節の形で残している。また糸疣(しゆう)が7本で,腹部下面の中央にある。紡績器官の未分化のためか,糸の出る量が少ない。触肢歩脚とほぼ同大で,歩脚が10本あるように見える。九州と沖縄だけに分布する。崖地に15~20cmの深さの横穴を掘り,入口に片開きの戸ぶたをつくる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キムラグモ
きむらぐも / 木村蜘蛛

節足動物門クモ形綱真正クモ目キムラグモ科の総称、およびそのなかの1種。和名キムラグモHeptathela kimuraiは、崖(がけ)地などの傾斜した所に地中に穴を掘ってすみ、穴の入口は丁番(ちょうつがい)式の扉をつける。クモは中に潜んでいるが扉のすきまから外をうかがい、餌(えさ)となるものが近づくと飛び出してとらえる。糸の使用量は少なく、住居の入口付近、扉、卵嚢(らんのう)などに用いる程度である。体長10~15ミリメートル、黄褐色で腹部に環節構造の名残(なごり)をとどめていること(化石グモには環節構造がある)。出糸突起が7個あること、出糸突起と肛門(こうもん)の間が離れているなどの点で原始的なクモとして注目され、「生きた化石」といわれている。環境の変化が著しくない地中生活のために、あまり変化せずに原始的な形態をとどめているものと思われる。1920年(大正9)にヤナギの研究家木村有香によって初めて発見されたのでこの名がある。近年、宅地造成などのために生息地がしだいに侵されつつあり、保護運動がおこっている。
 キムラグモの分布は、福岡、大分、熊本、鹿児島、沖縄の諸県が知られていたが、1980年(昭和55)に第二のキムラグモが沖縄本島から発見されオキナワキムラグモH. nishihiraiと名づけられた。沖縄以南のものはオキナワキムラグモであるか、両者が入り交じっているのか、という問題がおこっている。同属のものは中国に3種あり、またこの科に近似のハラフシグモ科(出糸突起8個)のもの数種が東南アジアに分布している。[八木沼健夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キムラグモの関連キーワードトタテグモ木村蜘蛛書肺

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android