キュレネ学派(読み)キュレネガクハ

百科事典マイペディアの解説

北アフリカのキュレネで,アリスティッポスが創唱した古代ギリシア哲学の一派。ソクラテスの〈よく生きること〉を受け継ぎ,快楽主義的な実践哲学を唱え,エピクロス学派の先駆と考えられている。アリスティッポスの娘アレテ,孫のアリスティッポス,テオドロス,アンニケリス,ヘゲシアスらがこの学派に属する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

北アフリカのギリシア都市キュレネに起こった快楽主義哲学を奉じる学派。ソクラテスの弟子アリスティッポスの創立とされているが,その孫のアリスティッポスが始めたという説が有力。現在の一瞬だけを実在とみなし,人生の目的を今この時の快楽の追求におく。とはいえ快楽とは欲望の充足より,欲望の統御によって得られると考え,この点エピクロス学派に近い。【大沼 忠弘】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (キュレネはKyrēnē) 古代ギリシアの哲学学派の一つ。紀元前四〇〇年頃から前二七五年頃まで継続。アリスティッポスによって北アフリカのキュレネに創設。人生の目的は快楽であり、そのためには識見が必要であると説いた初期キュレネ学派と、快楽か識見かを中心問題とした後期キュレネ学派とに分かれる。キレネ派。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android