コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キョン キョン Muntiacus reevesi; Reeves' muntjac

4件 の用語解説(キョンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キョン
キョン
Muntiacus reevesi; Reeves' muntjac

偶蹄目シカ科。体長 0.9~1.4m,体高約 40cm。ジャコウジカに似るが,雄は2尖の小角をもつ。単独または1対で生活し,早朝と夕方に草,木の葉,芽などを食べる。警戒するときしわがれたイヌに似た大声を出す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

キョン

中国南東部や台湾に生息しているシカ科の小型草食獣。体重は約10キロでニホンジカの5分の1ほどしかない。生後半年で妊娠が可能になり、季節に関係なく出産するなど繁殖力が強い。05年に特定外来生物に指定され、輸入や飼育が原則禁止された。

(2013-06-11 朝日新聞 朝刊 ちば首都圏 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

キョン

ヨツメジカ,タイワンキョンとも。偶蹄(ぐうてい)目シカ科。体長65cm,肩高41cmほど。体毛は茶色,四肢は黒ずむ。中国東部,台湾に分布。英国に移入。小型のシカで,密林中に1〜3頭ですみ,草,木の葉などを食べる。
→関連項目シカ(鹿)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キョン
きょん /
muntjac

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目シカ科キョン属に含まれる動物の総称。この属Muntiacusの仲間は原始的なシカ類で、東南アジアに分布し6種がある。いずれも体は小さく、雄には基部で枝分れした短い角(つの)がある。角の基部の毛で覆われた部分、すなわち角座が非常に長く、雄の上あごの犬歯は長大で牙(きば)状である。目の下方に大きな腺(せん)の開口部が1対あり、一見目のようなのでヨツメジカ(四目鹿)ともいわれる。単独またはつがいで森林や低木林にすみ、ヒマラヤ地方や四川(しせん)省などでは標高2500メートルにもすむ。早朝または夕刻に採食する。食物は樹葉、木の芽など。台湾では農作物を害することもある。11月に交尾し、春ごろ1子を産む。中国南部、東は福建省から西は四川省および台湾に分布するシナキョンM. reevesiは、頭胴長80~87センチメートル、肩高30~45センチメートルほどで角は20センチメートル以下、被毛は短く、くすんだ赤褐色、背には黄灰色の不明瞭(ふめいりょう)な斑点(はんてん)がわずかにみられる。近縁種にインドからボルネオ島まで分布する大形のホエジカ(インドキョン)M. muntjakがある。[北原正宣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キョンの関連キーワードタイワンザルターパンヤクシカイトウエツ花鹿クワガタモドキコジュケイ(小綬鶏)チュウヒ(沢鵟)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キョンの関連情報